GoGlobalは、クライアント企業に代わり、現地の税制・社会保障上の雇用主となり、現地の法令上必要な社会保障制度への加入、源泉徴収、給与支払いを行います。皆様は面倒な業務を気にすることなく、本業に集中して頂けます。

よくある質問

  • 雇用主は誰になるのですか?
    現地法律上の雇用主はGoGlobalの現地法人となりますが、日々の実務はクライアントとのやり取りの中で行い、クライアントが実質的な雇用主といえます。
  • GoGlobalはどのような会社ですか?
    GoGlobalはGEOサービスを世界で展開しています。クライアント企業の現地の人事的機能として、クライアントが本業に集中することを支援しています。
  • なぜGoGlobalが雇用主となるのですか?
    現地の法令を遵守して雇用するためには、現地法人が必要となります。クライアント企業が現地法人を持っていない場合、GoGlobalが現地における税制・社会保障制度上の雇用主として雇用を代行します。
  • 税制・社会保障制度上の雇用主としてのGoGlobalの役割はなんですか?
    GoGlobalは現地における雇用主として、給与支払い、社会保障制度への加入、必要な税の源泉徴収を行います。これらに加えて現地の人事部機能として、重要な労働法制や商慣習についてアドバイスを提供します。
  • 現地の法令上問題ないのでしょうか?
    現地の所得税制、社会保障制度において必要な手続きを適法に行なっています。しかしながら、各事例特有の課題もありますのでクライアント企業においても必要な助言を得られることを推奨しています。
  • 現在の実質的な雇用主のために勤務する場合には、今後ともGoGlobalとの雇用関係が継続するのでしょうか?
    実質的な雇用主の事業が拡大し、現地法人を設立することになった場合には、新設される現地法人での雇用に切り替わります。
  • 職務経歴書ではどのように記載されますか?
    実質的な雇用主のもとで行なった業務内容・職責について記載することが一般的です。
  • 名刺はどうなりますか?
    実質的な雇用主が名刺を準備する場合には、その名刺を使用します。

お問い合わせ

GoGlobal
最新記事