コスタリカでレンタルする

ここでは、コスタリカにおける人事のベストプラクティスと採用についてご紹介します。

採用のご予定は? スタート!

Last updated at September 30, 2022
コスタリカの美しい景色

通貨

コスタリカ・コロン(CRC)

資本金

サンホセ

タイムゾーン

グリニッジ3

主な国情報

はじめに

コスタリカは一般的に、中米諸国の中で最も安定した民主的な政府を持っていると評価されています。 大統領制の一元的な立憲共和国であり、公正な司法制度と独立した選挙機関を備えています。 また、西半球で最も高い識字率(約98%)を誇り、小学校から大学までしっかりとした教育制度が整っています。 コスタリカの教育は、すべての国民に無料で義務付けられています。

エリア

コスタリカは、面積51,000平方キロメートル、北にニカラグア、南東にパナマ、西に太平洋、東にカリブ海に面しています。 国土の総延長1,290kmに及ぶ海岸線。 また、コスタリカは環境保護への取り組みが強く、数多くの国立公園を保護していることでも知られています。

気候

コスタリカは一年中熱帯気候で、標高、降水量、地形によって多くの微気候があります。 季節は、雨の降り方によって定義され、乾燥した夏のシーズンと雨の多い冬のシーズンに分けられる。

文化

ヨーロッパからの移民や習慣は、コスタリカの歴史を形成し、その性格に影響を与えてきました。19世紀のドイツ、イタリア、イギリスからの移民は、コスタリカの教育、科学、文化に印象を残しました。1980年代には近隣諸国からの移民・難民が流入し…。また、アメリカからの定年退職者のメッカにもなっています。

宗教

コスタリカ人の約75%はローマ・カトリック教徒で、これが公式な宗教となっています。 しかし、1949年に制定された憲法で信教の自由が定められた。 人口の約13%がプロテスタントで、クエーカー教徒、ユダヤ教徒、メノナイトの小さなコミュニティーがあります。

公用語

コスタリカでは主にスペイン語が話されており、この国ならではの特徴があります。 英語をベースにしたクレオール語がアフロカリビアン移民によって話されており、コスタリカの成人人口の約10.7%が英語を話し、0.7%がフランス語を話しているそうです。 人口の約0.3%が第二言語としてポルトガル語やドイツ語を話している。

コスタリカの人事概要

雇用法

コスタリカの主な雇用法はコスタリカ労働法ですが、その他にも雇用関係を規制する法令が数多く存在します。 障害者機会均等法、女性機会均等法、厚生年金に関する労働者保護法などがこれにあたります。

コスタリカでは、労働裁判所は、ほぼ常に従業員に有利になるように解決します。

コスタリカ政府は、ドミニカ共和国・中米自由貿易協定(CAFTA-DR)に署名し、同国の労働条件を改善するための3段階のアプローチに基づく協定を締結しました。 実際、コスタリカの労働環境は、北米やヨーロッパと比較しても遜色ないレベルです。

この3段階のアプローチには、コスタリカの労働法の効果的な執行を確保し、既存の労働法を改善するために国際労働機関と緊密に協力することが含まれています。 3つ目の柱は、従業員の権利を向上させるための現地の能力、専門知識、インフラの開発です。 CAFTA-DRは、児童労働、労働者の権利に対する国民の意識、労働検査制度などの分野で的を絞った研修プログラムを盛り込んだ画期的な条約です。

雇用契約

コスタリカでは、雇用者と被雇用者の双方が雇用契約書に署名する必要があります。 契約書には具体的な内容を記載することが義務付けられています。

  • 従業員の氏名、国籍、年齢、性別および配偶者の有無
  • けいやくしゃアドレス
  • IDカード番号と内容
  • 従業員が一時的に居住している場合の正確な記述
  • 雇用契約の期間と内容、合意された報酬および支払いの詳細
  • 労働時間・時間外労働協定
  • 勤務地
  • その他契約上の規定(例:サービスの終了、通知期間など)。
  • 契約締結日および締結場所

契約条件

書面による雇用契約が存在しない場合でも、従業員は合意が黙示的に存在したと主張することができる場合があります。 法律では、口頭での契約も認められており、その場合は同じ権利と義務が与えられます。

契約は、期間限定または無期限で設定することができます。 期間限定契約の場合は、特定の期間が設定され、業務が遂行された時点で契約は終了します。

また、契約は労働日の種類によって異なり、コスタリカには2つの労働日があります。

  • 通常勤務日(Jornadas Ordinarias Normales)。1日8時間から10時間、1週間の合計が最大48時間の日中労働時間と定義されています。 夜間勤務のための通常勤務日は、1日6時間まで可能ですが、週36時間以内です。
  • 特別勤務日(Jornadas Especiales o de Excepcion)。土曜日に勤務している方を対象としています。 このカテゴリの契約は、従業員が長時間労働を強いられるいくつかの雇用分野にも適用されます。

入社前チェック

使用者が要求した場合、労働者は、永久障害や職業病、伝染病、不治の病でないことを示す健康診断の結果を提出しなければなりません。 健康診断は、職務の性質上または従業員の健康保護のために、客観的かつ合理的な理由によって正当化されなければなりません。 コスタリカでは、HIVや妊娠の有無を確認することは禁止されています。

試用期間

雇用主は、新入社員を試用期間に置くことが認められています。 ただし、3ヶ月を超えることはできません。 試用期間を延長することはできません。

勤務時間

コスタリカの一般的な勤務形態は、専門職の場合、1日8時間、週5日勤務です。 労働者の場合、一般的に月曜から金曜まで1日8時間、土曜は半日という勤務体系です。

危険な作業でない限り、1日10時間まで働くことができます。 週48時間を超えて働いてはならない。

時間外労働

従業員は、標準的な1日および1週間の許容労働時間を超えて働いた時間に対して、特別率の時間外手当を受ける権利を有します。 残業代は、従業員が週単位で支払いを受けているか、月単位で支払いを受けているかなど、多くの要因に左右されます。 また、強制的な休日に勤務した場合は、その分の料金が修正されます。

残業は1日4時間、1日の労働時間は合計12時間(残業時間を含む)を超えることはできません。 時間外労働は通常の給与の50%を追加で支給します。

管理職やその性質上、通常の勤務時間内に行うことができない仕事(例:コミッションベースで働く代理店や従業員)は、最長時間の制限から免除されます。 ただし、1日12時間以上の労働を強いることはできません。

ボーナス

すべての従業員は、クリスマス・ボーナス(aguinaldo)を受け取る権利があります。 賞与は給与の1カ月分に相当し、過去1年間に従業員に支払われた賃金の合計を12で割って算出されます。 賃金総額には、超過勤務手当を含みます。 クリスマス・ボーナスは、12月の最初の20日以内に支払わなければなりません。

従業員が1年間の勤務を終えていない場合、クリスマス・ボーナスは、これまでの平均月給を考慮した同様の計算式によって算出されなければなりません。

クリスマス・ボーナスが支給されない場合、従業員は理由なく解雇されたものとみなされます。 その場合、雇用主は法定補償金と適用される退職金を支払う必要があります。

お知らせ期間

必要な通知期間は、従業員が会社で働いていた期間によって異なります。

従業員が働いたことがある場合。

  • >3ヶ月 ただし、<6ヶ月。1週間の予告期間
  • >6ヶ月 ただし<1年 : 2週間の予告期間
  • >1年1ヶ月の予告期間

終了

コスタリカの法律では、雇用者または被雇用者のいずれかが労働関係を終了させることができます。 雇用主は、労働契約終了の証明書または書状を求める労働者の要求を認めることが義務付けられています。 これは、関係解消の原因(解雇か退職か)に関係なく適用されます。

雇用主が労働者を解雇する権利

  • 試用期間中いつでも
  • 従業員が行った暴力行為や犯罪行為(または職場の安全や労働条件を危険にさらす行為)。
  • 会社の機密情報を漏らすこと
  • 連続2日間の不当な欠勤(同一暦月内に連続しない3日以上の不当な欠勤があった場合)

従業員の雇用契約解除の権利。

  • 未払い給与
  • 職場における不道徳な行為(または、従業員に対する身体的・言語的攻撃)
  • 使用者、親族、扶養家族による労働者の道具に対する損害賠償
  • 雇用者、親族、扶養家族側の職場における伝染性疾患
  • 労働条件が、労働者またはその家族の健康や安全に危険を及ぼすものであること。

労働契約の当事者のいずれかが、相手方に事前通知(Preaviso)することにより、正当な理由なく労働契約を終了させることができます。 雇用主との雇用期間が3ヶ月を超えると、従業員は雇用契約を終了する場合、事前に通知を受ける権利を有します。

また、従業員は十分な通知を行わなければ、和解金から控除される場合があります。

雇用主は、従業員が解雇予告期間を満了することを望まない場合、1ヶ月分の給与に相当する「プレアビソ」補償金を支払わなければなりません。雇用期間が1年未満の場合は、その期間に応じて按分する必要があります。この補償は、過去6ヶ月間の従業員の平均収入に基づいて行われます。雇用主が従業員に解雇予告期間を与える場合、「プレアビソ」補償は必要ありません。

解雇予告期間中、雇用主は解雇予定の従業員に週1日の休みを与え、従業員が次の仕事を探せるようにしなければならない。

退職金

従業員が正当な理由なく解雇された場合(または従業員が正当な理由で退職した場合)、雇用主は「セザンティア」に補償金を支払わなければなりません。 この金額は、従業員の勤続年数に応じて増加します。

退職金がどのように規制されているかの概要は次のとおりです。

  • >3ヶ月だが、<6ヶ月。7日間の賃金。
  • > 6ヶ月だが、<1年。14日分の賃金
  • >1年間は、以下のスケジュールが適用されます。

勤務年数

退職金支給日数

1

19.5

2

20

3

20.5

4

21

5

21.24

6

21.5

7

22

 

正当な理由があれば、雇用主は、年初から勤務した月数に比例したクリスマス・ボーナス(Aguinaldo)も支払わなければならないでしょう。 さらに、解雇に先立ち、休暇の解除と従業員への事前通知を行わなければならない。

クリスマス・ボーナスは、「Cesantia」または「Preaviso」の支払いの影響を受けず、従業員のサービスが12月以前に終了した場合に支払われなければなりません。 支給額は、前年の12月1日から解雇日までの給与総額の平均値に基づいて計算されます。

未使用の休暇は、累積休暇手当(Vacaciones)として支払わなければなりません。 従業員は、退職金の一部として、勤務した月ごとに1日を受け取る権利があります。 例えば、8ヶ月間勤務し、解雇時に休暇を取らなかった従業員は、休暇退職金として8日分の賃金を受け取ることができます。

有期契約

コスタリカでは、有期契約には制限があります。 期間は1年を超えることはできず、一時的な労働にのみ許可されます。 ただし、特別な技術力が必要な場合は、有期契約を最長5年まで延長することが可能です。

有期契約を超えて、あるいは1年を超えて働く従業員は、無期限労働とみなされます。

制限条項

コスタリカでは、合理的であり、制限期間中に従業員に給与が支払われる場合には、競業避止条項が認められます。 条件、地理的な制約、支払い、活動内容については、個別に評価する必要があります。 支払額について合意がない場合、非競争期間中の報酬は給与の50%であるとみなされます。

コスタリカでは、勧誘禁止条項も認められています。

税金と社会保障

個人所得税

コスタリカの法律では、従業員はコスタリカ国内で得た収入に対して税金を支払うことが義務付けられています。 所得税は累進課税です。 所得の高い人は、より高い税率に置かれることになります。

雇用主は従業員の源泉徴収代理人として活動します。 源泉徴収率は、賃金総額の0%から15%の範囲です。 税金は、毎月、税務当局(財務省統一納税管理局)に納付します。

会計年度末は10月31日です。 コスタリカでは12月15日までに税金の申告が必要です。

課税対象月収(コロン) 税率
0 – 842,000 0
842,000 – 1,236,000 10
1,236,000 – 2,169,000 15
2,169,000 – 4,337,000 20
>4,337,000 25

社会保障

コスタリカの社会保障制度は、国内に住む人々の医療と老後のニーズに応えるために、国民皆保険制度を採用しています。 社会保障制度は、すべての従業員が拠出することが義務付けられていますが、拠出できない従業員にも配慮しています。 定年退職後も安定した収入と経済的なサポートが得られるように設計されています。

コスタリカの社会保障に関連する立法機関は以下の通りです。

  • コスタリカ社会保障基金(Caja Costarricense del Seguro Social、略称CCSS)
  • こくさいほけんいん
  • 大蔵省(Ministerio de Hacienda)。

コスタの社会保障の受給資格は、その人の出身国によって決まるものではありません。 すべての国民、居住者、一時的な許可証をお持ちの方は、寄付をする必要があります。 すべての雇用主は、保健省とともに国の医療制度を監督するCCSSに従業員一人ひとりを登録しなければなりません。

社会保険料は、26日から翌月6日までに支払わなければなりません。

  • 雇用者と被雇用者の双方が社会保険料を負担する必要がある
  • 雇用主が26%、従業員が9%拠出
  • 比率は、従業員の給与総額に基づき算出されます。

控除額の約3%が厚生年金基金に充当される。 コスタリカの医療制度は、医療(病気、出産)だけでなく、義務的な年金(障害、老齢、死亡)にも対応しています。 民間の保険や健康保険も保有することが可能です。

労働者保護法では、すべての労働者は公的または私的な年金事業者に個人退職金口座と個人資本金口座を持たなければならないとされています。 また、これらの口座は、雇用者と従業員の両方が資金を提供します。 年金口座に蓄積されたお金は、退職、障害、死亡の場合に引き出すことができます。

資本金勘定は、失業した場合にも利用することができます。 従業員が理由なく労働契約を解除された場合、雇用主は退職金を継続する義務があります。

*上記レートは目安です。 GoGlobalが請求する実際の料金は、これとは異なります。

給与からの控除(該当する場合)

雇用に関わる税金は以下の通りです。

  • はたらきでみえるしょとくぜい
  • CCSSへの雇用者負担金
  • 従業員のCSSSへの拠出金

従業員数

給与の支払い

給与は、雇用主と従業員の合意により、時間単位、日単位、隔週、月単位で決定することができます。 支払い間隔は1ヶ月を超えることはできません。

ペイスリップ

コスタリカの雇用主は、従業員にデジタル給与明細を提供することができます。 ただし、従業員から受領確認の電子メールを返信する必要があります。

タイムシートと記録管理

給与報告書は5年間記録しておく必要があります。

年次有給休暇

  • 労働者は、同じ雇用主のもとで50週間継続雇用されるごとに、最低2週間の有給休暇を取得する権利を有します。 休暇中に従業員に支払われる賃金は、過去50週間の雇用期間中に得た平均週給に基づいていなければなりません。
  • 第10条 従業員は、1年間の業務完了前に従業員の業務が終了した場合、1日分の賃金または取得した休暇を補償する権利を有する。
  • 労働法では、従業員が休暇を繰り越すことはできず、休暇を異なる期間に分けることも認められていません。 特別な事情がある場合のみ、休暇を最大2つの期間に分割することが法律で認められています。

祝祭日

  • 祝祭日は11日あり、そのうち9日が有給、2日が無給となっています。
  • 日曜日や法定休日に働かなければならない従業員には、通常の2倍の賃金を支払わなければなりません。

病気休暇

  • コスタリカの雇用主は、従業員の病気休暇の最初の3日間について、給与の少なくとも50%を支払うことが義務付けられています。 残りの50%は社会保障庁(Caja Costarricense de Seguro Social、CCSS)が負担する。
  • CCSSは、病気休暇の4日目から給与の60%を支払い、残りの病気休暇の期間中は雇用者側に給与を支払う義務はない。 ただし、CCSSの認定医から取得した診断書を提出する必要があります。

産前産後、育児、育児休暇

  • 雇用主は、出産前1カ月間と出産後3カ月間の産休を認めなければならない。 雇用主は4ヶ月の休暇中、給与の50%を負担し、残りの50%はCCSSが負担しなければなりません。
  • 雇用主が妊娠中の女性のサービスを終了する場合、雇用主は解雇日から妊娠8ヶ月目までの通常の賃金を支払わなければなりません。
  • 民間企業の従業員には、法定出産休暇を取得する権利はありません。 公共部門に勤務する父親には、8日間の有給出産休暇を取得する権利があります。
  • 父親と母親の間で育児休暇を共有することを認める規定がない。

介護休業

母乳育児ライセンス

母親には、1日1時間の有給休暇を取得する権利など、有給での看護師免許取得が認められています。 このライセンスは、母親が子供を授乳し続ける限り有効です。 従業員は、雇用主に対して診断書を提出する必要があります。

弔慰/忌引き休暇

従業員は、肉親が死亡した場合、3日間の有給休暇を取得する権利があります。

コスタリカにおける従業員のメリット

法定福利費

失業保険(
失業保険(Seguro de Desempleo)
): 過去3ヶ月間の平均給与をもとに、一時的に収入を得ることができる保険です。 ただし、すべての失業原因がカバーされているわけではありません。

青少年労働保険(
青少年労働保険
):15歳以上18歳未満の自営業者が、仕事に関連した事故や病気になった場合に適用される保険です。

収入保険 (
収入保障保険(Protección Crediticia)
):INSが提供する信用保険は2種類あります。

  • クレジットカード保護政策(Protección Crediticia Tarjeta de Crédito)は、失業者のために12ヶ月間、クレジットカードの支払いを引き継ぎます。 これは、コスタリカの合法的居住者で、18歳以上かつ定年退職していない人のみが対象です。 失業する前に6ヶ月間連続で雇用されていること。
  • 失業保険(Protección Crediticia por Desempleo)は、クレジットカードの保護方針と同じように機能しますが、住宅ローンの支払いをカバーします。

労働者災害補償保険(
労働者災害補償保険(Riesgos del Trabajo
)

労働時間中に発生した事故から労働者を保護するための保険制度です。 国立保険研究所(Instituto Nacional de Seguros)によって運営されています。 すべての雇用主は、従業員一人ひとりに労働者災害補償保険契約を提供する法的義務を負っています。

ビザ(査証)と外国人労働者

一般情報

コスタリカは現在、国内で働くことができる外国人の数や割合を制限していません。 また、憲法は、コスタリカ人と外国人の間で、賃金、福利厚生、労働条件に関して差別があってはならないと定めています。 ただし、雇用主はコスタリカ人労働者に優先的に仕事を提供しなければならない。 労働許可証は、外国人従業員が現地の従業員では得られない技術を持っていることを雇用主が証明できる場合にのみ発行されます。

コスタリカの労働許可証は、学生許可証と並んで、入国許可証の「特別カテゴリー」に該当します。 つまり、労働・社会保障省が定める条件のもとで就労し、国内に留まることができるようになるのです。 就労ビザを取得するための第一条件は、外国人を雇用してくれる雇用主がいることです。 コスタリカの労働許可証は、手続きに3ヶ月から右肩上がりにかかることがあります。 すべての書類はスペイン語に翻訳され、公証される必要があります。

制限のない移民資格は、永住権と市民権の2つだけです。 その他の滞在方法(「rentista」または「pensionado」)は一時的なものとみなされ、これらの許可証は所持者に自動的に就労を許可するものではありません。 永住権を取得するためには、申請前に少なくとも3年間は一時的な在留資格を有していなければならない。

市民権や永住権を持たずにコスタリカで働くことができる人は、以下の通りです。

  • インターネット上で仕事をするホームベースのビジネスを持つ方(例:フリーランスのライター、グラフィックデザイナー、または得た収入がコスタリカ国外から来ていることを証明できるトレーダーなど)。
  • 事業主(仮住まいを想定)は、株主として事業運営を監督することはできますが、従業員として日々の職務を遂行することはできません。

Youth Mobilityプログラムは、コスタリカで生活し働くためのもうひとつの選択肢です。 ただし、18歳から35歳までのカナダ国民が対象なので、非常に限定的な選択肢となります。 この許可証の有効期限は最長1年間です。

2022年の祝祭日

S.No. オケージョン 日付
1. 元旦 1月1日
2. フアン・サンタマリアの日 4月11日
3. マンダイの木曜日 4月14日
4. 聖金曜日 4月15日
5. ろうどうさい 5月1日
6. グアナカステ州編入 7月25日
7. 天使の聖母の日 8月2日
8. 母の日 8月15日
9. どくりつきねんび 9月15日(9月19日休館)
10. 陸軍の廃止 12月1日(12月5日休館)
11. クリスマスの日 12月25日

コスタリカで新しい人材を採用する

当社の海外採用サービスでは、現地法人設立に必要な投資をすることなく、どの国の人でも採用することができます。

はじめに