スロバキア国旗

スロバキアでのレンタル

ここでは、スロバキアでの人事のベストプラクティスと採用についてご紹介します。

採用のご予定は? スタート!

Last updated at September 29, 2022
スロバキアのとても美しい景色

通貨

ユーロ (EUR)

資本金

ブラチスラバ

タイムゾーン

グリニッジ標準時+2

主な国情報

はじめに

スロバキア共和国(スロバキアきょうわこく)、通称スロバキアは、中央ヨーロッパに位置する内陸国。 高所得の経済圏を持ち、包括的な社会保障制度がある。 国民には国民皆保険、無償の教育、OECD諸国の中で最も長い有給育児休暇が提供されています。 スロバキアは、チェコスロバキアの平和的な解体後、1993年に独立した国家である。

エリア

スロバキアは、大部分が山岳地帯で、総面積は約49,000平方キロメートルです。 北にポーランド、北西にチェコ、東にウクライナ、南にハンガリー、南西にオーストリアと国境を接している。 北部(カルパチア山脈)と中部(オレ山脈)は、森林に覆われた山地が多い。

気候

スロバキアは典型的なヨーロッパ大陸性気候で、夏は比較的暖かく乾燥し、冬は湿度が低く寒冷です。 四季がはっきりしており、春と夏に雨が多く降ります。 1月が最も寒く、7月と8月が最も暑い月です。

文化

最大の民族はスロバキア人で、スロバキアの人口の80%以上を占めている。 ハンガリー人、チェコ人、ロシア人、ポーランド人、ウクライナ人、ロマ人などの少数民族が存在する。 スロバキアには民俗的な伝統が強く根付いており、現代まで生き残っている。 この遺産は、スロバキアの文学、音楽、舞踊、建築に顕著に表れています。

宗教

スロバキア憲法は信教の自由を保障しています。 人口の約62%がローマカトリック教徒、5.9%がルター派、1.8%がカルヴァン派、3.8%がギリシャカトリック教徒、0.9%が正教徒であると認識されています。 約13.4%が無神論者または無宗教であることを表明し、約10%が宗教を表明していない。

公用語

スロバキア語は、チェコ語、ポーランド語、東ドイツのソルビア語に近い西スラブ系の言語であり、同国の公用語である。 人口の80%以上に使用されています。 スロバキア人は、東部方言、中部方言、西部方言の3つの共通語と相互理解できる方言を使用しています。 ハンガリー語は2番目に多く話されている言語で、ルーシは少数言語として認識されています。 スロバキア人の多くは、チェコ語も理解できます。

スロバキアHRの概要

雇用法

労働法は、スロバキアの労働法を規定するものです。 最低賃金、団体交渉、派遣会社経由の雇用など、関連事項を規定する特別法。 雇用に関する法令を執行する政府機関として、国家労働監督局があります。

また、労働・社会・家族中央局は、就職を支援する役割を担っています。 職場の安全衛生に関する労働条件の検査は、公衆衛生局の機関が管理しています。

スロバキアでは、集団的労働法はドイツやフランスほど重要ではありません。 伝統もなければ、大半の産業分野で労働組合が十分に強いわけでもない。

雇用契約

雇用契約書は、法律上、入社日から1ヶ月以内に作成することが義務付けられています。 ただし、契約書がなくても、業務が遂行されていれば、雇用関係が存在するものとみなされます。 契約書はスロバキア語でなければなりませんが、その他の言語も可能です。

雇用契約書に明記されていること。

  • 職種と主な特徴
  • 勤務地
  • 就職開始日
  • 報酬
  • 給与支払日
  • しゅっきんじかん
  • 休日出勤
  • 通知期間

団体協約(CBA)が存在する場合は、CBAの賃金、支払日、労働時間、休日権利、通知期間が優先されます。

契約条件

スロバキアにおける雇用契約は、確定(有期)または無期限で締結することができます。

有期契約は2年間契約することができます。 有期契約は期間(開始日と終了日)を明記しなければならず、これがない場合は無期限契約とみなされる。

有期契約の延長は、法定休暇中(産休、育児休暇、一時的な就労不能など)の従業員の代替、一時的な人員増を要する業務、季節に左右される業務など特定の場合、最長2年の間に2回まで許される。

親会社と子会社の定義に合致する場合、商法に基づき、企業間で従業員の一時的な配属を行うことが可能です。 これは、配属先の使用者側に客観的な業務上の理由がない場合でも同様です。

入社前チェック

身元調査は、その職種に必要な場合のみ許可されます(例:公務員のような特定の職種では犯罪歴の確認が認められます)。 身体的負荷のかかる職務の場合は、健康診断が必要です。 候補者の同意があれば、学歴調査も可能です。 雇用主は、候補者が職務を遂行する能力に合理的な疑問がある場合、候補者に健康診断を受けるよう要求することができます。 従業員は義務づけなければならない。

雇用主は、推薦状、前職の証明、学歴のチェックを要求することがあります。

試用期間

試用期間は、雇用契約書において書面で合意され、最長3カ月(上級職の場合は6カ月)となっています。 試用期間を延長することはできません。

試用期間中は、どちらかの当事者によって理由なく雇用関係を終了させることができます。 ただし、妊娠中の従業員、生後9ヶ月未満の子供を持つ母親、授乳中の母親に関する解雇の場合は、解雇理由を説明し、少なくとも3日間の予告を行う必要があります。

勤務時間

24時間以内の労働時間は8時間を超えてはならず、総労働時間は週40時間を超えてはなりません。 時間外労働を含む1週間の平均労働時間は48時間以内でなければなりません。

従業員は、毎週連続した2日間の休息時間を確保しなければなりません。

時間外労働

ただし、雇用主が従業員代表と合意した連続12カ月を超えない期間については、時間外労働が週平均8時間を超えてはなりません。 従業員が1暦年内に遂行するよう命じられる時間外労働の上限は、150時間です。 ただし、雇用主が従業員から事前に同意を得た場合は、暦年で400時間までの時間外労働が認められています。

時間外労働をした労働者は、対価として時間外手当または時間外労働を受ける権利を有する。 賃金に25%以上上乗せした金額でなければならない。

土曜日は平均給与の50%以上、祝日と日曜日は100%の割増賃金を支払わなければならない。

タイムシートと記録管理

雇用主は、従業員の書類を必要な期間だけ保管する必要があります。 社員ファイルの保存期間は、一般的に社員が70歳になるまでと言われています。

ボーナス

スロバキアでは、13ヶ月目と14ヶ月目のボーナスは強制ではなく、雇用主の裁量で支払われます。 このようなボーナスは、従業員の平均月収を下回らなければ、税金と社会保険料が免除されます。 免除額の上限は500ユーロです。

終了

雇用関係は、両者が書面で終了させることができます。

  • 双方の合意により
  • 即時解雇は、労働法に定められた例外的な状況においてのみ可能です(雇用主は、即時解雇につながる状況を知ってから2カ月以内、遅くとも1年以内に解雇しなければなりません)。
  • 試用期間中
  • 通知による解約

また、有期契約の場合は終了日、外国人の場合は滞在許可証の有効期限で雇用関係が終了します。 有効期限は、終了日または許可の取り消しのいずれかによって定義されます。

次のような状況では、従業員は解雇から保護されます。 その社員は

  • 病気やけがで働けない人
  • 緊急時の業務遂行
  • じゅさんきゅうか
  • しゅっせい
  • 糺明

その他の解約手続き

雇用主が開始する解雇(通知または即時)は、従業員代表と事前に交渉する必要があります。このような交渉が行われない場合、解雇は無効とみなされます。従業員代表は、雇用主からの書面による要請から7営業日以内、即時解雇の場合は2営業日以内に解雇について交渉することが義務付けられています。

お知らせ期間

通知期間は、雇用期間と解雇の理由によって異なります。

  • 法定最低使用期間:1ヶ月
  • 1年以上5年未満の勤務期間:2ヵ月
  • 勤続年数5年以上:3ヵ月

退職金・退職慰労金

従業員の余剰人員や能力不足による解雇の場合、必要な退職金は1ヵ月から3ヵ月と幅があります。 これは、雇用期間によって異なります。

  • 2~5年:1ヶ月
  • 5~10年:2ヶ月
  • 10年~20年:3ヶ月
  • 20年以上:4ヶ月

合意解約の場合、退職金は変動します。

  • 2年以上:1ヶ月
  • 2~5年:2ヶ月
  • 5~10年:3ヶ月
  • 10-20年:4ヶ月
  • 20年以上:5ヶ月

雇用主は従業員に対し、書面による解雇通知を行わなければなりません。 予告手当の支給は認められません。

契約終了後の拘束/制限条項

労働法第83a条は、解雇後の誓約書について規定しています。 雇用者と被雇用者が競業避止義務条項について合意できるのは、被雇用者が通常入手できない雇用者の事業の機密情報にアクセスでき、それを使用した場合に事業の不利益や損害を被る場合のみです。 競業避止義務は、最長1年間、従業員が雇用主の事業と直接競合する活動に従事することを制限するものである。 雇用主は、競業避止義務期間中の従業員の1ヶ月あたりの平均月収の少なくとも50%に相当する適切な金銭補償を提供しなければならない。

税金と社会保障

個人所得税

課税対象となる給与所得には、給与、賞与、定期・不定期報酬、およびほとんどの現物給付が含まれます。

所得区分 (EUR) 税率(%)
最大38,553円 19.0
>38,553.01 25.0

社会保障

雇用者と被雇用者の双方が社会保障費を支払う必要があります。

支払方法 従業員拠出金(%) 雇用者負担金(%) 最大評価額(EUR)
疾病保険 1.4 1.4 7931.00
障害者保険 3.0 3.0 7931.00
退職金保険 4.0 14.0 7931.00
失業保険 1.0 1.0 7931.00
労働災害保険 0.8 制限なし
連帯責任準備金(退職保険の一部) 4.75 7931.00
ギャランティファンド 0.25 7931.00
健康保険 4.0 10.0 制限なし
TOTAL 13.4 35.2

*上記レートは目安です。 実際に請求される料金は異なります。

従業員数

給与の支払い

給与の支払いは、少なくとも月に1回、雇用契約書に定められた期日までに行わなければならない。 スロバキア(これを推奨)または外国の銀行口座に、現地通貨で入金する必要があります。

ペイスリップ

給与明細は、遅くとも給与支給日の2日後に、ハードコピーまたは電子データで提供されなければなりません。

年次有給休暇

従業員には少なくとも年に4週間の休暇を取る権利があります。 暦年の末日までに33歳に達した従業員には、少なくとも5週間の休暇が与えられます。 暦年未満の雇用契約であっても、暦年で60日以上の雇用契約を結んでいる従業員の場合、年次休暇はその年の労働時間に比例して取得する必要があります。

労働法では、雇用契約またはCBAを通じて有給休暇の追加を交渉することができます。

従業員が仕事の都合で休暇をすべて消化できなかった場合、翌年に休暇を繰り越すことができます。 それでもなお、繰り越した日数を取得できない場合、従業員には補償を受ける権利があります。

従業員50人以上の会社には、休日手当の支給が義務付けられています。 強制金額は、1暦年あたり最大275ユーロを上限として、対象費用の55%です。 この手当は、現金またはホリデーバウチャーの形で支給することができます。

病気休暇

法定傷病休暇と給与の規定では、雇用主が負担する傷病休暇は10日までとなっています。

0日~3日:日額査定基準の25%で支給
4日~10日:日当査定基準額の55%で支給)

病気になってから11日目から52週目までは、社会保険当局から査定基準日額の55%の傷病手当金が支給されます。

休職

従業員は、義務的な健康診断、家族の死亡、労働組合関連の職務を遂行するために休暇を取ることができます。 休職は、法律で定められた事由がある場合にのみ支給されます。

義務付けられた健康診断の場合、有給休暇は年間7日を上限としますが、勤務時間外に検査や治療を行うことができない場合に限ります。

弔慰・忌引き休暇

従業員は、肉親の死後、2日間の有給休暇を取得する権利があります。

産前産後休暇・育児休暇

産前産後休暇

社員は34週間の有給出産休暇を取得することができます。 片親の場合は37週間、2人以上の子どもを同時に出産・養育する場合は43週間に延長されます。 この間、休業中の労働者の給与の75%が政府から支給される。

産休は通常、出産予定日の6週間前頃から始まりますが、それ以前は8週間前までとされています。 出産後14週間より短い期間であってはならない。

育児休業

男性社員は、子供の誕生を理由に有給休暇を取得することができます。

育児休業

従業員は、子どもが3歳(子どもが長期にわたる健康状態にある場合は6歳)に達するまで、出産休暇または育児休暇を取得することができます。

育児休業

2022年現在、育児をする社員は追加休暇を取得することができます。 権利日数は、子供を恒久的に養育し、雇用主に書面で通知した日から起算されます。

養子縁組休暇

養親と里親は28週間の出産休暇を取得することができます。 片親の場合は31週間、少なくとも2人の子どもを養育している場合は37週間に強化されます。

祝祭日

スロバキアには15の祝日があります。

スロバキアにおける従業員の福利厚生

法定福利費

国民年金

政府が提供する公的年金制度があり、給与からの強制拠出で賄われています。 義務教育制度は2つの柱で構成されています。

  • 第一の柱:社会保険庁(’Socialna Poistovna’)を通じた国家基金への拠出。
  • 第二の柱:「Socialna Poistovna」または民間の認可プロバイダを提供(リスクの程度が異なる投資ファンド)
  • 第三の柱:危険な職業(鉱山労働者など)を除くほとんどのセクターで任意加入、民間事業者のみを利用

失業保険

過去3年間に730日以上雇用保険に加入していた場合、最長6ヶ月間、経済的支援を行います。

その他の特典

  • 食券・食事手当
  • 個人的な理由で使用可能な社用車
  • プレミアム・ヘルスケア
  • 老齢厚生年金基金への追加拠出
  • 臨時休業日
  • スポーツイベントの費用負担
  • フレキシブルな勤務時間/在宅勤務

従業員49人以上の雇用主は、スロバキアでの休暇費用の支払いに使用できるレクリエーションバウチャーを従業員に提供しなければなりません。 これは、雇用主のもとで2年以上継続して働いている従業員が対象となります。 対象経費の55%を上限とし、年間275ユーロを上限とする。

ビザ(査証)と外国人労働者

一般情報

スロバキアでは、短期ビザ(最長90日)、長期ビザともに数的な制限(クォータ)を設けていません。 スロバキアでの就労を希望する外国人(非EU市民)は、労働許可証(通常2年間限定)または就労目的の一時滞在許可証(外国人の居住に関する法律)がなければ雇用されることはありません。

外国人労働者の雇用許可証は、労働・社会・家族局から発行されます。 雇用主が外国人労働者を雇用したい場合、少なくとも20営業日前に求人情報を届け出る必要があります。 季節労働を行う場合、または一時的な居住を許可された場合は、10営業日で十分です。 この欠員報告は、雇用許可申請の前に行う必要があります。

2022年の祝祭日

S.No. オケージョン 日付
1. スロバキア共和国建国記念日 1月1日
2. エピファネイア 1月6日
3. 聖金曜日 4月15日
4. イースターマンデー 4月18日
5. 国際労働者デー 5月1日
6. ファシズムに勝利した日 5月8日
7. 聖キュリロス・メトディウス記念日 7月5日
8. スロバキア民族蜂起記念日 8月29日
9. スロバキア共和国憲法制定記念日 9月1日
10. 七つの悲しみの聖母の日 9月15日
11. 万聖節 11月1日
12. 自由と民主主義のための闘争の日 11月17日
13. クリスマスイブ 12月24日
14. クリスマスの日 12月25日
15. 聖ステファノの日 12月26日

スロバキアで新しい人材を採用する

当社の海外採用サービスでは、現地法人設立に必要な投資をすることなく、どの国の人でも採用することができます。

はじめに