中国国旗

中国での採用

ここでは、人事のベストプラクティスと中国での採用についてご紹介します。

採用のご予定は? スタート!

Last updated at September 30, 2022
こうざんりゅうすい

通貨

中国人民元(CNY)

資本金

北京

タイムゾーン

GMT+8

主な国情報

はじめに

中華人民共和国(以下、中国)は、1949年10月1日に建国された。 アジア大陸の東、太平洋の西岸に位置する国。 首都は北京。

中国は世界最古の国の一つであり、世界遺産の数は世界一です。 また、世界最大の人口を擁し、世界第3位の国土面積を持つ。 世界第2位の経済大国である中国は、世界の経済成長に最も貢献している国です。 2019年、中国の経済総量は99兆元を超え、世界の潜在的超大国のひとつになった。 中国は独立した平和外交を堅持し、国連安全保障理事会の常任理事国である。 また、多くの国際機関の重要なメンバーとして活動しています。

中国は14カ国と陸上国境を、8カ国と海上国境を共有している。 その省レベルの行政区分は、23省、5自治区、高発展地域の中央政府直轄市4市(北京、天津、上海、重慶)、香港とマカオの高度自治特別区があります。 北京、上海、広州、深圳は、中国で最も経済発展している一級都市です。

地理的に中国は西が高く東が低い。 最も標高の高い地域は、中国南西部の青海チベット高原にある。 世界の屋根」と呼ばれるこの地域は、平均標高が4,000m以上あり、中標高の地域は台地と盆地が広がっている。 東から黄海、東シナ海に至る沖積平野の標高の低い場所に人口が集中している。

中国は、先進国並みの交通網を有しています。 主要交通路線は内陸部や国境地帯まで延び続けており、国の総輸送能力は徐々に向上しています。 中国の鉄道は139,000キロメートル以上。 この中には、35,000kmの高速鉄道も含まれており、これは中国が世界第1位である。

法制度

中国の現行憲法は、1982年12月4日に公布・施行された。 その後、1988年4月12日、1993年3月29日、1999年3月15日、2004年3月14日、2018年3月11日にその改正が採択されています。

全国人民代表大会は、国家権力の最高権威を有する。 その常設機関は、全国人民代表大会常務委員会と呼ばれる。 全国人民代表大会とその常務委員会は、国家に対する立法権を行使する。

中華人民共和国国務院(中央人民政府)は、国家権力の最高機関である行政機関である。 また、国家の最高行政機関でもある。 最高責任者制度は国務院によって実施されます。 大臣や取締役は、すべての部門や委員会の責任者です。

文化的観察

中国は数千年にわたる発展を経て、広い視野、深いレベル、多角的な視野を持つ活気ある地域文化を形成してきました。中国には “食は人民にとって最も大切なもの “という表現がある。実際、中国料理は、この国の他の多くの文化的要素とともに、世界中に知られています。

中国は観光資源が豊富で、世界中から観光客が訪れています。 1986年、中国はユネスコに世界遺産を提案するようになった。 2018年6月現在、中国には52の世界遺産があり、世界第1位となっています。 そのうち、自然遺産は12件、自然・文化遺産は4件です。

エリア

  • 国土:960万平方キロメートル
  • 内海・外海の水域面積4.7百万平方マイル
  • 海岸線:18,000キロメートル以上

言語

中国の公用語は北京語であり、普通語とも呼ばれる。 これは中国の人口の70%以上に話されています。 その他、中国全土で話されている主な方言がいくつかあります。

多民族

中国は漢民族を中心とした多文化統一国家で、人口の91.51%を占めています。 さらに、中国には他にも56の民族が存在する。

中国人事の概要

雇用法

中国の雇用法は、法定民法の制度に基づいています。 中国には「自由意志による」雇用という概念がないため、雇用の終了は、一般的に正当な理由を必要とする特定の法的根拠に基づいてのみ可能です。 すべての従業員は、年功序列に関係なく、不法な解雇から保護されています。 退社時の退職金は、一般的に必須とされています。 雇用主は、従業員の解雇について適切な手続きに従うことが非常に重要です。 規制を守らないと、高額な和解金が発生する可能性があります。

一般に、従業員を解雇するのは難しく、面倒なことです。 したがって、有期雇用で従業員を雇用することが一般的です。 雇用主は、有期契約の満了に伴い従業員を解雇する権利を保持しています。 ただし、金銭的な補償をしなければならない。

2008年からは「有期契約2回ルール」が適用され、従業員が2回連続して有期契約を結んだ場合、雇用主は自動的にオープン・ターム契約を提供しなければならなくなった。 退職を回避できるのは、従業員が以前と同じかそれ以上の条件での契約更新を拒否した場合のみです。 従業員を解雇する際には、アドバイスを受けることを強くお勧めします。

雇用契約

雇用契約法は、中国において雇用者と被雇用者の関係を規定する最も重要な法律です。 この法律は、中国国内の従業員だけでなく、外国人の雇用にも適用されます。 この法律の規制は、中国国内の企業だけでなく、完全外資系企業(WFOE)にも適用されます。 中国の雇用契約法は、雇用される国の労働者の権利を保護し、調和のとれた雇用関係を構築するために構築されたものです。

中国では契約書の作成が義務付けられています。 書面による雇用契約を結んでいない雇用主は、いくつかのリスクにさらされることになります。 具体的には、雇用契約書がないまま1カ月以上経過した場合、雇用主は従業員の月給の2倍を補償することが義務づけられることになった。

雇用主が書面による雇用契約を締結せずに1年以上経過した場合、契約のない従業員は雇用主とオープン・タームまたはパーマネントの雇用契約を締結したものとみなされます。 これは通常、雇用主がその従業員を定年まで雇用し続けなければならないことを意味します。 また、中国の労働当局は、書面による契約に関する規定に違反したとして、使用者に罰金を科すこともあります。 この場合、中国には「自由意思による雇用」が存在しないため、雇用主は退職金を発生させることなく雇用契約を終了させることができない。

また、契約書の義務規定は、更新期間にも適用されます。 実際には、ほとんどの雇用主が従業員と有期雇用契約を結ぶことが多い。 このような雇用主の中には、前の雇用契約が終了すると、新しい契約を締結しない人もいます。 その代わり、従業員の継続勤務によって自動的に更新されます。 この場合、契約が更新されないと、使用者側の補償義務も発生する可能性があります。

雇用契約は法律で義務付けられています。 ある種の用語の定義が必要である。

  • 有期または無期
  • 試用期間の長さ
  • 氏名、役職、期間、福利厚生、社会保険等

契約書は中国語で作成する必要がありますが、英訳も用意するのが一般的です。 裁判所は、紛争が発生した場合、中国語版にのみ依拠することになります。

ワークルール

中国の従業員の多くは、標準労働時間制の下で働いています。 この制度では、正社員の労働時間は原則として1日8時間、1週間40時間までとされています。 勤務は通常、月曜日から金曜日までです。 始業時間は8時30分から10時30分まで、終業時間は17時30分から19時30分までというフレックスタイム制を導入している企業もあります。

このシステムには2つの例外があります。

  • 非標準労働時間の包括的な労働時間
  • 不規則な労働時間

従業員は、現地の法律に基づくすべての条件を満たした場合にのみ、いずれかの代替制度の下で働くよう指定されることができます。

中国の不定期労働制は、米国のサラリーマン制度とほぼ同様であるが、この制度では、必ずしもすべての残業代が免除されるわけではない。

非標準労働時間制の包括的な労働時間の下では、雇用主は一般的に、残業代なしでより長い時間働くことを従業員に要求することができます。 ただし、一定の「包括的計算」期間(四半期など)の平均労働時間は、その期間の総労働時間について適用される法定上限を超えてはならない。

雇用主は、従業員ハンドブックを提供する必要はありません。 しかし、法的な紛争が発生した場合に備えて、1枚は用意しておくことをお勧めします。 立証責任は使用者にあります。 就業規則は、雇用者と被雇用者の双方が政府に登録する必要があります。

定年退職年齢

中国の定年は、男性が60歳、女性のホワイトカラーが55歳、女性のブルーカラーが50歳です。

最近、定年退職年齢を段階的に延長することが議論されています。 最近提案された5カ年計画に従って、以下の規定が適用されます。

  • 1965年生まれの女性社員は、年金の受給が1年遅れます。 1966年生まれの人は2年遅れる、といった具合です。 2030年には、女性の従業員や居住者が65歳で年金を受け取れるようになります。
  • 1960年生まれの男性社員は、年金の受給が6カ月遅れます。 2030年には、男性の従業員や居住者が65歳で年金を受け取るようになります。

試用期間

中国では、法律により、以下のような試用期間が定められています。

  • 雇用期間が3カ月以上1年未満の場合:1カ月を超えない試用期間
  • 雇用期間が1年以上3年未満の場合:試用期間は2ヶ月以内であること。
  • 雇用期間が3年以上の場合、または無期雇用の場合:試用期間は6ヶ月を超えることはできません。

各従業員が同じ雇用主のもとで試用期間を持てるのは1回のみです。

終了

試用期間を過ぎると解雇が難しくなるため、通常、新入社員の当初の任期は3年に設定することが推奨されています(ただし、必ずしもそうとは限りません)。 これにより、雇用主は中国の法律で認められている最長期間である6ヶ月の試用期間を設定することができるようになりました。

退職金

雇用主は退職金を支払わなければならない。 退職金は勤続年数に応じて1カ月分の給与に相当する。 6ヶ月以上1年未満の勤務の場合、1年として計算されます。 勤続6ヶ月未満の場合、試用期間中の採用条件を満たせなかったり、会社の規則に重大な違反をしたり、民事犯罪を犯した場合を除き、必要な退職金は給与の半月分に相当する額です。 このような場合、使用者は証拠として明確な証拠を提出する必要があります。 それ以外の場合は、30日前に書面で従業員に通知し、双方合意の上で別れる必要があります。 雇用主は、30日の事前通知期間を守る代わりに、退職金に加えて1ヶ月分の給与を支払うことができます。

時間外労働

別途、時間外手当が必要です。

  • 平日の時間外労働時間単価の150
  • 土日祝日の残業:時間単価の200
  • 公休日の残業代時間単価の300

また、中国では許容される時間外労働の時間も規制されています。 時間外労働は、通常勤務1日あたり3時間以内、1カ月あたり36時間以内と定められています。

使用者が異なる労働時間や長い労働時間を希望する場合、使用者は特定の労働時間制度を申請する必要があります。 この制度は、自治体の労基署の認可が必要です。

技術的には、中国の労働法に基づき、経営トップから最下層の時間給の従業員に至るまで、企業のすべての従業員が残業手当を受け取る資格があります。

中国の労働法は複雑だと思われているため、一部の雇用主は、法律に書かれている条件を和らげようと、物議を醸す方法を適用します。 残業代に関するこれらの回避策は、当初、平均的な生産ラインの従業員を念頭に置いて作られた法律であるため、ある程度の根拠はある。 そのため、中国政府や地方の労働委員会が概ね納得するような一般的な慣行を通じて、法律をどのように修正するか、多少のギブアンドテイクが存在するのです。

そのため、当局のお墨付きがある限りは、変更も許容される。 しかし、これらの回避策はいずれも、コンプライアンスに反する扱いを受けていると感じた従業員が雇用主に対して苦情を申し立てることができるため、ある程度のリスクを想定したものである。 もし、中国政府や地元の労働委員会がその従業員の扱いに同意していなければ、中国の従業員を大切にする環境では、雇用主は戦いに敗れることになります。 一般的には、規則を定め、従業員に署名によって計画や規則に同意してもらうのがベストです。

お知らせ期間

必要な通知期間は契約書に明記されています。 これは通常、最低30日間です。

ボーナス

中国の多くの地域では13ヶ月目の給与が慣習となっており、旧正月前に支給されるのが一般的です。 この支払いは必須ではありませんから、このボーナス月の給与を得るための条件を明確に文書で指定する必要があります。 多国籍企業(MNC)の場合、裁量的な年間賞与が一般的です。 MNCによっては、13ヶ月目の給与と裁量労働制の年間賞与の両方がある場合もあります。 雇用契約書に13ヶ月目の給与が記載されている場合、雇用主は支払う義務があります。

中国に進出している多くの外資系企業は、12カ月制で支出を計算した上で、この13カ月目を惜しげもなく追加している。 従業員に賞与制度を導入する場合、雇用主は雇用契約においてそのパラメータを明確に定義する必要があります。 例えば、高い給与を支払って年間賞与を支給しない代わりに、低い給与で年間賞与を支給することを選択することができる。 この賞与は通常、翌年の早い時期に支払われます。 この場合、従業員への負担はありません。 しかし、従業員にとっては、個人所得税の支払いが繰り延べられるというメリットがあります。

法定費用

法定給付拠出は雇用主が負担しています。 以下の手順で完了する必要があります。

  • 会社を設立する。
  • 社会貢献口座、住宅資金口座の開設。
  • 社員が採用された場合、社員情報を会社のアカウントにファイリングします。
  • 社会保険料や住宅積立金の請求書は、毎月会社が作成します。
  • 雇用主の銀行口座から社会保険料と住宅積立金の口座にそれぞれ支払いを繰り上げる。

5つの社会保険(年金、医療、失業、出産、傷害)の保険料は1つの法案にまとめられているが、住宅基金の保険料は別の法案である。 2つの支払いは別々です。

ローカルスタッフの場合、雇用契約締結後、雇用主は従業員の情報を社会保険料と住宅資金に指定された会社の口座に提出しなければならない。 1~2営業日程度かかります。 従業員が社会保険料と住宅資金の個別口座を持っていない場合、雇用主はまず従業員の口座を申請・開設し、その後従業員情報を提出するために1週間が必要となります。

政府医療保険の加入が義務付けられている。 ただし、雇用主は従業員の補足保険として民間の医療保険プログラムを購入することも可能です。

その他の法定要求事項

  • 中国では、障害者の比例採用が義務付けられています。
  • 中国の障害者保障法および障害者雇用規則では、企業は全従業員の1.5%以上の割合で障害者を雇用することが義務付けられています。
  • この資金は、障害者の職業訓練と職業紹介に使われます。
  • 企業が必要な数の障害者を雇用しなかった場合、障害者雇用安定基金への拠出が義務付けられています。

都市別の料金です。

率(%) 都市
0.5 深圳
1.50 重慶、東莞、広州、杭州、済南、寧波、青島、上海、蘇州、天津、武漢、西安、珠海、北京
1.60 成都、漳州
1.70 大連、瀋陽

 

 

 

 

 

 

  • 従業員30人以下の企業は、設立後3年間は基金の支払いが免除されます。
  • 障害者雇用安定基金拠出金は、月単位で納付する必要があります。 従業員の社会保険料と一緒に、月単位または年単位で支払うことができます。

税金と社会保障

タックスルール

取締役が同時に雇用能力を持つ場合、通常、現地従業員として課税されます。

ほとんどの付加給付(出張手当、携帯電話手当など)は、従業員の負担で課税対象となります。

法的なfapiao(請求書)を使った払い戻しは非課税です(例:出張旅費など)。

所得税(国税)

個人所得税(IIT)は累進課税で、課税所得が月5,000人民元の場合は3%、月85,000人民元の場合は45%となっています。 IITは、雇用主が従業員の月給から源泉徴収し、中国政府に直接支払われる。 この源泉徴収されたIITは、毎月、税務当局に納付されます。

雇用主は、毎月IITを源泉徴収し、IITの申告をする必要があります。 支払うべきIITは、国のe-taxシステムを通じて雇用者の銀行口座から直接差し引かれます。

IITの年次決算は、3月31日から翌年6月30日までの期間に完了する必要があります。 年額決済は、複数の収入源を持つ従業員に適用されます。 また、キャリアの中断により、個人控除を十分に活用できなかった人にも適用されます。

2023年12月1日までは、個人居住者が一時的な年次賞与や13ヶ月目の給与を取得した場合、所得税の計算において優遇された配賦税率を享受することができます。

中国には、地方税や住民税はありません。

社会保険

中国の雇用主は通常、社会保険に加入することが義務付けられています。 これには通常、年金、医療、労災、出産保険、失業保険が含まれます。 住宅基金への拠出も全従業員を代表して義務付けられていますが、例外もあります。

必要な社会保険の種類は、現地の規則により決定されます。海外駐在員、香港・マカオ・台湾の身分証明書をお持ちの方は、法定社会保険に加入する必要があります。 雇用主が法律で支払いを義務付けられている場合、たとえ従業員との合意であっても、その義務を免れることはできません。 中国当局はそのような合意を無視するだろう。

住宅資金

住宅基金は1999年に設立され、中国の従業員が自分の家を購入できるように資金を蓄えることを目的としています。 住宅積立金は、国家レベルで「住宅積立金管理規則」が制定され、住宅・都市・農村開発省によって管理されている。

住宅基金のために源泉徴収されたお金は、全国に分配されるわけではありません。 その代わり、従業員個人の住宅資金に充当されます。 このファンドは、住宅の頭金、購入、建設、リフォームの資金としてのみ利用可能です。 また、住宅の住宅ローンの返済に充てることもできます。 しかし、近年の改革により、この規制が緩和され、急病人などの緊急事態に対応するための資金として利用できるようになりました。

住宅基金は中国の税金や社会保険とは別の部門が管轄しているため、雇用主は従業員を別の機関に登録する必要があります。 中国で新規に設立された企業は、設立後30日以内に住宅基金局への登録が必要です。 登録から20日以内に、企業は銀行と協力して、住宅基金の拠出金の支払いを自動化する必要があります。 さらに、雇用主は新しいスタッフがその会社で初めて働いた日から30日以内に登録しなければなりません。

外国人の方は、住宅基金の源泉徴収が完全に免除されます。 このプログラムは、中国国籍の方のみを対象としています。

下表は、2022年6月までの上海での拠出金について説明したもので、都市によって料率が異なる。

社会保険・住宅積立金 月給の上限(人民元) 雇用者負担金 従業員拠出
年金保険 34,188 16.00% 8.00%
医療保険と出産保険がセットになっている 34,188 10.50% 2.00%
失業保険 34,188 0.50% 0.50%
業務災害保険 34,188 0.256% 0
住宅資金 34,188 7.00% 7.00%
合計 34.256% 17.50%

*上記の表はあくまで目安です。 実際に請求される料金は異なります。

従業員数

給与の支払い

  • 中国の法律では、給与の支払いは少なくとも月に1回行わなければならないことになっています。 これは通常、給与計算サイクルの終了後5日以内に支払われます。
  • 給与の支払いは、通常、従業員への銀行振込で行うことができます。

ペイスリップ

給与明細は通常、暗号化されたPDFファイルとして従業員に電子メールで送信されます。

タイムシート

タイムシートは会社側の裁量です。

休日手当

  • 中国の祝祭日は複雑で、先進国の中でも最も厳しい規則があります。 土日祝日の場合は、土日祝日の次の営業日になります。 旧正月と国慶節の連休は3日間です。
  • メーデー(労働者の日)と建国記念日の1週間連休は、休日消費を増やし、奨励するための施策として2000年に始まりました。 その結果、中秋節が国慶節に近い場合は、7日間または8日間の連休が「黄金周」と呼ばれ、旅行や観光のピークシーズンとなっている。 2008年、レイバーデーの祝日を3日間に短縮し、旅行ラッシュを年2回に減らすことができました。 その代わりに、中国の伝統的な祝日が3つ追加された。
  • 一般的に、3連休や4連休がある場合(中秋節が国慶節に近い場合)、政府は7連休や8連休と宣言することがあります。 ただし、市民は土日に出勤する必要があります。 企業や学校は、その影響を受けた土日を、週末と入れ替わった平日として扱います。 スケジュールは前年の暮れに発表され、年の途中で変更されることもあります。
  • 雇用主は、祝祭日中も従業員に賃金を全額支払わなければなりません。 賃金は、従業員の履歴に基づく平均日給として計算することができます。 代替の休暇を手配することができます。 ただし、法定休日の60日前までに発生する必要があります。

年次有給休暇

法定最低基準。

  • 累積勤続年数1年以上10年未満:5日の休暇
  • 累積勤続年数10年以上20年未満:10日分の休暇を付与
  • 累積勤続年数20年以上15日の休暇

主要なスタッフには、インセンティブとして年休を多く与えるのが一般的なやり方です。 有給休暇や病気休暇の手当ては、会社での勤務期間だけでなく、全勤務期間に基づいています。

キャリーオーバーは自由裁量ですが、従業員の休暇を翌年に繰り越すことは認められていますが、将来的に要件が複雑化することになります。 そのため、一般的ではありません。

雇用主は、従業員が休暇を確実に取得できるような措置を講じることが求められています。 これを怠った場合、雇用主は未取得の有給休暇を補償することが義務付けられています。 通常の給与に加えて、雇用主は有給休暇の未取得日数に応じて従業員の日給の200%を支払うことが義務付けられています。 法律で定められた日数以上の有給休暇が認められた場合は不要です。 例えば、会社が法定以上の有給休暇を与えている場合、その未取得の休暇日数を会社が補償する必要がない場合があります。 雇用主は、従業員が権利を有する休暇を提供できない場合、通常の報酬の300%を補償しなければなりません。

病気休暇

  • 病気や業務に関係のないケガの場合、病気休暇を取得することができます。 従業員は、公認の医師または公認の医療機関によって発行された証拠書類を提出する必要があります。 その上で、使用者の承認を得る必要があります。 年次(有給)病気休暇の取得可能回数は、従業員の雇用契約書にあらかじめ記載され、直接記載されていなければなりません。 キャリーオーバーは推奨しません。
  • 重病の場合、入社1年目の社員は最長3ヶ月の病気休暇を取得することができます。 その後、満1年ごとに1ヶ月の病気休暇を増やすことができます。 ただし、通算して24ヵ月を超えてはならない。
  • 従業員は、年次休暇とは別に病気休暇を取得しなければなりません。

産前産後・育児休業

産前産後休暇は、妊婦健診、出産、母乳育児、妊娠後期、出産を対象に取得することができます。

出生前検査には、最初の12週間の医師の診察が含まれます。 出生前検査の時間は労働時間としてカウントされます。

自然分娩です。中国のほとんどの省では、出産休暇を128日から158日に延長しています。 ただし、休暇期間は都市によって異なる場合があります。

158日制に従わない県は以下の通り。

  • 178日重慶、広東
  • 128日天津
  • 190日河南省(延長申請中)、海南省(最大で)
  • 188日江西省、河北省(第3子出産)、浙江省(第3子出産)
  • 180日甘粛省、黒龍江省、福建省(最大で)
  • 148日広西チワン族自治区
  • 128日江蘇省(この金額以下は不可)

その他、育児に関連する休暇期間。

  • 難産:自然分娩の休暇日数は15日
  • 複数回の出産:自然分娩の休暇日数は15日+子供1人につき15日加算されます。
  • 4ヶ月以内の中絶・流産15日間
  • 妊娠4ヶ月以降の中絶・流産42日
  • 産前休暇妊娠7カ月以降、従業員は毎日1時間の休憩を取ることができます。 また、雇用主の承認があれば、2.5ヶ月の産前休暇を取得することも可能です。
  • 母乳育児休暇1歳未満の子どもがいる場合、1日に2回まで授乳が可能。 そのため、子ども1人あたり30分の時間を確保することができます。 同期間の移動時間は、労働時間としてカウントされます。
  • 産前産後休暇。また、出産後、雇用主の承認を得て、6.5ヶ月の休暇を申請することができます。 出産保険(社会保険の一種)は、出産休暇中、通常の給与ではなく手当金が支給されます。

育児休業

出産休暇を希望する男性社員は、中国のほとんどの地域で15日間の休暇を取得することができます。 ただし、地域によって異なる場合があります。 以下は、15日間の標準に従わない都市である。

  • 7日(育児休暇の)。天津市、山東省(15日以上に延長申請中)
  • 10日間上海
  • 20日間遼寧省、重慶市、四川省、湖南省
  • 25日間寧夏、広西、内モンゴル
  • 30日河南省、江西省、安徽省、雲南省、甘粛省

育児休暇の要件は、地域によってニュアンスが異なることがあります。 例えば、深セン市では母親が23歳以上であれば、最低15日の育児休暇を義務づけています。 中国の他の地域では、従業員の権利である育児休暇がやや曖昧になっています。

出産保険

出産保険に加入している従業員

  • 従業員が社会保険庁の出産保険に加入している場合、雇用主は出産休暇中の従業員の給与を全額支払う必要がない場合があります。 SSBは、従業員の手当の全額または大部分を支払うことができる。
  • SSBは独自の計算ルールを適用し、過去12ヶ月間の全従業員の平均月給と現地の平均賃金をもとに計算します。
  • この場合でも、現地の社会福祉行政の規則により、雇用主が従業員の給与を負担することが求められる場合があります。 北京と上海では、現地の平均月給を超える産休補償はすべて雇用主が補償しなければなりません。 これらの都市では、現地の平均給与の3倍が支給基準の上限となっている。

出産保険に加入していない従業員

  • 産休に入る従業員が出産保険に加入していない場合、雇用主は産休中の従業員の報酬を支払う必要があります。 これは、過去12ヶ月間の平均月給をもとに算出されます。

2020年以降、多くの都市で出産保険が医療保険に統合されました。

その他の葉

  • 結婚式の休暇従業員は、結婚式のために最低でも3日間の休暇を取得する権利があります。 これは自治体によって異なります。 例えば、上海のすべての法律上の夫婦は、3日間の国家結婚休暇とは別に、さらに7日間の結婚休暇を取得することができるようになる。
  • 葬儀休暇従業員の直系親族(両親、配偶者、義父母、子)が亡くなった場合、1~3日の休暇を取得することができます。
  • 家族訪問休暇家族訪問休暇:直系家族(配偶者や親)が訪問し、従業員と同居していない場合、家族訪問休暇を利用することができます。 その場合、配偶者訪問のための休暇日数は、年間30日までとすることができます。 親の訪問のための休暇日数は、1年間で最大20日(単身者)、4年間で最大20日(既婚者)とすることができます。 この特典は、政府機関、国有企業、公共機関など特定の法人に所属する従業員が享受できます。

多国籍企業の法定外福利厚生

  • 中国では、企業が従業員に確定給付型の制度を提供することは一般的ではありません。

  • 雇用主は、人材を惹きつける、あるいは維持するための追加的な福利厚生として、医療、生命、年金、傷害などの保険を提供することができます。 ただし、これらは従業員側で課税対象となります。

  • 中国では、プロビデンスファンドやその他類似の福利厚生は適用されません。

    2022年1月1日以降、外国人(駐在員)は、住居、語学コース、子供の国際学校、食事、洗濯などの手当ては非課税政策を受けられなくなりました。 中国に年間183日以上滞在する居住者の場合、個人所得税の計算方法が異なります。 1年間の中国滞在が183日に満たない場合は、関連する税法に基づき控除が行われます。

ビザ(査証)と外国人労働者

一般情報

雇用主は、海外の従業員を雇用する際に承認を得る必要があります。 承認後、雇用契約を締結することができます。 その後、雇用主は労働許可証を申請する必要があります。 中国では、すべての企業が外国人の雇用を許可されているわけではありません。 企業の海外駐在員雇用のパワーは、登録資本金に正比例する。 企業に駐在員を雇用する権限がある場合、駐在員採用者の労働許可証と労働ビザの取得は企業の責任で行う必要があります。

職種によっては、就労ビザ(Z)/優先的人材ビザ(R)/インターンシップビザ(X2/M)で採用される場合もあります。 通常、ビザの許可が下りるまで2カ月程度かかります。 香港、マカオ、台湾からIDSを持つ従業員を雇用する場合、企業は特別な承認や労働許可証を取得する必要はありません。 外国人(および香港、マカオ、台湾のID保持者)は、法律に従い、すべての法定社会保険給付を受けることができます。

その他の情報

中国での滞在期間にかかわらず、外国人が1暦年中に183日を超えて中国に滞在する場合、全世界で受け取る給与所得に対して課税される可能性があります。 中国に居住して6年目から、自動的に居住者とみなされ、その課税年度の全世界で受け取った所得について責任を負うことになります。 外国人は5,000元(2019年1月以降)の標準控除が適用されます。

2023年12月1日以降、海外駐在員は現物支給の非課税政策を受けられなくなります。 これには、住居・食事、中国での雇用開始・終了時の移転費用、個人の出身国への出張費用、語学研修費用などが含まれます。 この引当金は、関連する税務上の規則に従い、税務上の総所得の一部とみなされます。

中国のすべての都市では、2022年1月1日から外国人と香港・マカオ・台湾の身分証明書保持者に法定社会保障制度への加入を義務付けています。

最後に、外国人は中国人のみの制度であるため、住宅基金の源泉徴収は完全に免除されていることに留意する必要がある。

2022年の祝祭日

S.No. オケージョン 日付
1. 元旦 1月1日〜3日
2. 春節 1月31日~2月6日 ※1月29日、1月30日は長期休暇を補うため出勤日となります。
3. 清明節(墓参りの日) 4月3日~5日 ※4月2日は長期休暇のため営業日となります。
4. 労働祭 4月30日〜5月4日
5. 端午の節句 6月3日~5日
6. 中秋節 9月10日〜12日
7. ナショナルデー 10月1日~7日 ※10月8日、10月9日は長期休暇のため営業日とさせていただきます。

中国で新しい人材を採用する

当社の海外採用サービスでは、現地法人設立に必要な投資をすることなく、どの国の人でも採用することができます。

はじめに