韓国でのレンタル

ここでは、韓国での人事のベストプラクティスと採用についてご紹介します。

採用のご予定は? スタート!

Last updated at May 02, 2023
朝鮮半島の美しい風景

通貨

韓国ウォン(KRW)

資本金

ソウル

タイムゾーン

GMT+9

主な国情報

はじめに

数十年にわたる急速な経済成長を経て、韓国はエレクトロニクス、テレコミュニケーション、自動車生産、化学、造船、鉄鋼などの部門に支えられ、2兆ドル規模のハイテク産業国となりました。 韓国の首都ソウルには、2,500万人以上(韓国人口の約50%)の人々が住んでいます。 法体系は大韓民国憲法に基づく民法です。

エリア

韓国は、朝鮮半島の南半分を占めている。 東海と黄海に囲まれた国土は約99,720平方キロメートル。

気候

韓国は温暖な気候で、四季がはっきりしています。 冬は寒く、乾燥していて長く、夏は短く、暑く、湿度が高く、雨量も多いのが一般的です。

文化

韓国は、北東アジアの中心に位置しています。 その文化は、まさにアジアのエッセンスを反映しており、多文化社会がエキゾチックに融合し、人々は平和と調和の中で共に暮らしています。 韓国人は温厚で親しみやすく、一般的に外国人を簡単に友達の輪に入れることができる人たちです。

宗教

人口の約46%が無宗教で、23%が仏教徒、29%がキリスト教徒です。

公用語

韓国の公用語は韓国語です。 ハングルは公式のアルファベットとして使用されています。

韓国人事一覧

雇用法

労働基準法(LSA)は、雇用関係の規制と最低雇用基準の規定に関する主要な法律である。 韓国の労働環境は、厳しい雇用保護法が適用され、従業員に優しいものとなっています。

雇用契約

雇用主は従業員に対し、賃金、労働時間、年次有給休暇、週休二日制などに関する一定の条件を書面で提示しなければなりません。 従業員が雇用契約を結んだら、雇用主はこれらの条件を書面で従業員に提供しなければなりません。 雇用主は、雇用契約終了後少なくとも3年間、そのコピーを保管しなければならない。 従業員と雇用者の関係が証明されれば、口頭または黙示の合意は強制力を持ちます。 契約書は韓国語である必要はありません。

契約条件

  • LSAを中心とする一部の法令では、雇用契約の条件を制限しています。 就業規則(ROE)や団体協約(CBA)に基づくその他の条件は、契約条件に優先することができます。
  • 従業員には、正社員として雇用される場合と、一般的に2年を上限とする有期雇用の場合とがあります。
  • 最低定年は60歳です。

ワークルール

従業員10人以上の会社は、賃金の計算、支払い予定、支払い方法、労働時間、有給休暇、研修、母性保護、職場の健康、職場の安全、懲戒手続き、その他の労働条件を規定するROE文書を作成しなければなりません。 雇用主は、雇用労働省にROEを提出し(LSA93条)、労働者に規則を周知させる必要があります。 ROEは自由にアクセスできるようにしなければならない。

試用期間

試用期間は自由裁量であり、韓国では決まった下限はありません。 3ヶ月間が一般的で、延長も可能です。

時間外労働

週40時間または1日8時間を超える労働は、時間外労働とみなされます。 従業員は、時間外労働を含めて1週間あたり52時間を超えて働くことはできません。 つまり、法律で認められている残業時間の上限は週12時間です。

52時間への時間外労働の削減は、さまざまな規模の企業に段階的に適用されています。 スケジュールは以下の通りです。

  • 従業員300人以上の事業場:2018年7月1日から52時間の時間外労働の上限規制が適用されました。
  • 従業員50人以上299人以下の事業場:2020年1月1日から上限が適用されました。
  • 従業員5人以上49人以下の事業場:2021年7月1日から上限が適用されました。
  • 従業員30人未満の事業場では、労使協定に基づき、さらに8時間の時間外労働が認められています。 つまり、従来の週52時間から週60時間の労働が可能になるのです。 この特例は、2021年7月1日から2022年12月31日までの間、小規模企業に限って一時的に認められているものです。

また、時間外労働、夜間労働(午後10時から午前6時まで)、休日労働に対しては、通常の賃金の50%以上を支払わなければなりません。

ボーナス

ボーナスに関する制限やガイドラインはありません。 韓国では、ボーナス(残業代や職能給などの追加支給)は通常の月給に加算されない。 その代わり、契約終了時に従業員が受け取る退職金に含まれます。 賞与は、1年間の賞与総額を1年の月数である12で割って算出します。 その額(ボーナス1カ月分)を1年分の退職金に上乗せする。 そして、退職金と賞与を考慮した合計額に、勤続年数をかけます。

終了

韓国では解雇はそれなりに難しく、正当な理由があれば実行されなければなりません。 雇用主は、労働者に解雇の書面を交付する必要があります。

解雇された従業員は、一般的に、あらゆる種類の解雇について法律に記載された退職給付を受ける権利を有します。

退職金

Employee Retirement Benefit Security Act (Retirement Benefit Act)に基づき、雇用主は以下のいずれかを行わなければなりません。

  • 雇用関係終了時の退職金の支払い
  • 従業員の同意を得て、退職年金制度を設ける。

1年以上勤務した従業員の退職金は、継続勤務1年ごとに平均賃金の30日分に相当する額となります。 平均賃金は、解雇前3ヵ月間の賃金を用いて計算されています。 退職金は、自発的な退職のほか、理由による解雇にも適用されます。

会社設立後、使用者が定年制について何も決定しない場合、自動的に定年制が採用されます。 韓国では退職金と同じ意味の “Severance Pay “という言葉を使う人もいる。

従業員退職給付保障法では、退職金の代わりに退職年金制度を労使で選択することができます。

使用者は、退職金制度を決定するために、過半数組合または過半数組合がない場合は労働者の過半数の同意を得る必要があります。 退職金または退職年金を選択することができます。

退職年金には、確定拠出年金(DC)と確定給付年金(DB)の2種類がある。

お知らせ期間

雇用主は、30日前の解雇予告、または30日分の解雇予告手当を支払わなければなりません。 ただし、従業員が3ヶ月以内の試用期間である場合は、通知を必要としない場合があります。

税金と社会保障

個人所得税(PIT)

韓国で課税されるすべての個人は、国税庁(NTS)に自分の所得を申告する必要があります。

居住者:

韓国の居住者は、韓国内外の源泉から得られるすべての所得に対して所得税が課されます。 過去10年の間に韓国に5年以上滞在した外国人居住者は、全世界所得に対して課税されます。 ただし、過去10年間に韓国に5年以下滞在した外国人居住者は、韓国源泉所得に対して課税されます。 外国源泉所得は、韓国法人から支払われる場合、または韓国へ送金される場合にのみ報告義務があります。

非居住者。

非居住者は、韓国国内を源泉とする所得に対してのみ所得税が課されます。 国内に事業所を持たない非居住者が、年次確定申告を通じて申告すべき韓国源泉所得がある場合、居住者の税率および申告手続きに関するほとんどの規定が適用されます。 ただし、課税所得と税額を計算する際、非居住者は扶養家族(本人を除く)に対する人的控除、所得控除、税額控除を申請することはできません。

これらは、基本的な個人所得税(PIT)の税率です。

 

上記(A欄)の収入 上記以外の収入 税額(A列):韓国ウォン 超過分の税金(%)
0 12,000 0 6.0
12,000 46,000 720 15.0
46,000 88,000 5,820 24.0
88,000 150,000 15,900 35.0
150,000 300,000 37,600 38.0
300,000 500,000 94,600 40.0
500,000 1,000,000 174,600 42.0
1,000,000 384,600 45.0

居住者サータック

  • 上記の個人所得税の他に、個人所得税率10%の税率で課される地方所得税があります。
  • PITはNTSに支払われます。
  • 地方所得税は、納税者の住所地である市または県に納めるものです。

非課税項目と控除額

以下の項目は、非課税の払い戻しまたは非課税の所得とみなされます。

  • 食事手当(月100,000ウォンまで
  • 従業員が業務で自家用車を使用する場合、月20万ウォンを上限とした車両運行費の支給
  • 出産または6歳以下の子供の養育に関連し、月10万ウォンまで支給される手当金。
  • 法令により制服の着用が義務づけられているものに支給される制服の費用
  • 特定業種の従業員が職場で専ら着用する作業服のコスト
  • 業務上発生した親睦会費・交際費の精算
  • 雇用主が支払った適格従業員の教育費
  • 海外駐在員の住居費(雇用主と家主の間で賃貸契約が結ばれている場合、雇用主が被雇用者に代わって直接支払う費用

すべての納税者が受けられる控除は以下の通りですが、それぞれ条件があります。

  • 自動車手当
  • 食事手当
  • 雇用主が被雇用者に代わって支払う保険料
  • 医療費(従業員は領収書を提出する必要がある)
  • クレジットカードまたは指定された現金領収書による支払い(リベートが行われます)
  • 慈善寄付金控除(韓国の慈善団体と一部の外国団体に適用されます。)
  • 教育費(扶養家族は幼稚園から大学・専門学校、本人は大学院まで)
  • 納税者、配偶者、扶養家族のそれぞれに控除が認められる場合(後者は年齢による)

PIT:雇用主の要件

雇用主は3月10日までに従業員に代わって納税の決済書類を提出しなければなりません。 雇用主は通常、1月に従業員から書類や資料の提出を求めます。 この時、外国人従業員は、一律19%の税率を支払うか、所得に応じた累進税率を使用するかを示さなければなりません。 多くの場合、税金の支払いが不足していた場合、雇用主は2月の給与から余分に徴収することがあります。 雇用主は通常、関連する税務申告書を提出します。 そうでない場合は、従業員の判断に委ねます。 外国人社員も含まれます。

雇用主は、毎年2月に「給与所得の源泉徴収票」を提出する必要があります。 .

月次報告雇用主は、毎月10日に前月の従業員の収入と源泉徴収額を報告することが義務付けられています。 例えば、雇用主は1月分の収入と源泉徴収額を2月10日に報告することになります。

年次調整は、1月中に前税務年度について行われます。 これらの報告書は、2月10日までに提出する必要があります。

住民税です。過去1年間の勤務先の従業員の給与総額の月平均額が1億5千万ウォン(300万ウォンに50を乗じた額)を超える場合、住民税が発生するようになります。 これは、従業員数に関係なく適用されます。 この追加的な雇用コストは、給与総額から非課税所得を差し引いた額の0.5%で計算されます。

社会保障

法律で定められた強制加入の社会保険制度は4つあります。

  • 国民年金保険。

事業主は、会社の代表取締役を含む従業員を、国民年金に加入させなければなりません。 外国人従業員は、韓国を離れる際に国民年金当局に納めた保険料の払い戻しを受けるための申請書を提出することができます。 所定の要件を満たす必要があります。 年金保険料は雇用者と被雇用者が等しく負担しており、合計で毎月の給与所得の9%を占めています。 雇用者と被雇用者はそれぞれ、524万ウォンを上限として、毎月の給与所得の4.5%を拠出することが義務付けられています。

  • 国民健康保険。

事業主は、会社の代表取締役を含むすべての従業員について、国民健康保険に加入しなければなりません。 ただし、非正規労働者または臨時従業員については、関連する法律に規定される例外があります。 ただし、外国人従業員が勤務先のグローバル医療保険や居住国の国民健康保険で医療保険給付を受けている場合は、加入義務の免除を申請することができます。 負担金は給与所得の6.99%に介護保険料として12.27%を加えた額となります。 雇用者と被雇用者が等しく負担を分担する。

  • 雇用保険

事業主は、代表取締役を除くすべての従業員を雇用保険に加入させなければなりません。 保険料は雇用者と被雇用者が等しく負担し、失業給付のための保険料は毎月の給与所得の0.8%と定められています。 雇用主は、雇用の安定と職業能力開発のために、毎月の雇用収入の0.25%〜0.85%の追加負担をすることが義務付けられています(合計1.05〜1.65%)。 この保険には所得の上限がありません。

  • 労働災害補償保険。

雇用主は、従業員に代わって保険料を支払う独占的な責任を負っています。 拠出率は、雇用主の業種によって決定されます。 例えば、製造業の企業の拠出率は0.73〜2.53%、卸売・小売業の企業の拠出率は0.9%となっています。 金融・保険業を営む企業の保険料率は0.73%です。 この保険には所得の上限がありません。

社会保障制度 月給の上限(韓国ウォン) 雇用者負担金(%) 従業員拠出金(%)
国民健康保険 104,536,481 3.495 3.495
ロングターム・ケア 104,536,481 0.43 0.43
国民年金保険 5,530,000 4.50 4.50
雇用保険 1.15 0.90
労働者災害補償保険※1 0.76 0.00
TOTAL 10.235 9.225
上記レートは大まかな目安になります。 GoGlobalが請求する実際の料金は、これとは異なります。

韓国の社会保障制度 – 意味とメリット

健康保険

  • 疾病または傷害の予防、診断、治療およびリハビリテーションのために保険給付を行うことにより、公衆衛生の向上と社会保障の増進を図る。 健康を増進し、死を予防することを目的としています。
  • サービス特典:医療給付、健康診断。
  • 現金給付:介護費用、自己負担上限額制度、自己負担超過額補償、障害者補助器具費用、妊娠・出産検診費用。

国民年金

  • 老人性疾患や死亡に対する公的年金給付の実施により、国民生活の安定と福祉増進に寄与する。
  • 年金給付:老齢年金、障害年金、遺族年金。
  • 一時金:年金の払い戻し、死亡保険金。

労働者災害補償保険

  • 労働者の労働災害を迅速かつ公平に補償する。
  • 労働者のリハビリテーションと社会復帰を促進するために必要な保険施設の設置・運営。
  • 防災事業の運営を通じて、働く人を守り、労働安全を推進する。
  • 介護給付金、一時的障害給付金、障害給付金、介護給付金、遺族給付金、葬祭費、傷病補償年金。

雇用保険

  • 失業を防止し、雇用を促進する。
  • 労働者の職業能力開発を高める。
  • 職業指導・紹介を強化する。
  • 労働者の生活安定と求職活動を促進し、失業者の生活保障に必要な給付を実施する。
  • 安定した雇用事業。
  • 職業能力開発事業。
  • 失業給付

退職年金制度

すべての雇用主(同居の親族を雇用している場合を除く)は、確定給付型(DB)制度、確定拠出型(DC)制度、退職金制度を設けることが義務づけられています。 ただし、勤続1年未満の従業員や、直近の4週間の平均労働時間が週15時間未満の派遣労働者には、使用者の義務は適用されません。

退職金制度では、退職年金制度とは異なり、雇用主が外部から現金で拠出することは求められていません。 このため、当局は雇用主に対して、いずれかの退職年金制度を採用することを強く推奨しています。 この点、損益計算書に計上されている未払退職金費用は、2016 年以降、税務上損金不算入となります。

政府は2022年までに退職金制度を段階的に廃止し、退職年金制度をすべての雇用者に義務付ける方針です。

退職年金制度の種類

  • 確定給付型(DB)プラン。ERBSAは、雇用終了時の従業員の退職金について、勤務年数ごとの平均給与の30日分以上とすることを規定している。 さらに、雇用主はDBプランへの拠出を行う必要があり、従業員の法定退職金受給額の所定の割合(例えば、2016年から2017年は80%)以上とする必要があります。
  • 確定拠出年金(DC)プラン。DCプランを採用する雇用主は、従業員の年間給与の12分の1に相当する金額を定期的にDCプランに拠出することが義務付けられています。 特筆すべきは、DCプランへの拠出金の100%が雇用主の税額控除となることです。 DBプランとは異なり、DCプランの従業員は、年金への追加拠出を選択することができる。
  • 個人退職年金(IRP)プラン。従業員は、雇用主から支払われる退職金を管理するためにIRPを設定することができます。 そのため、雇用主は従業員のためにIRPを設定することはできません。 ただし、既存の従業員の退職金を、雇用終了後所定の期限内に従業員のIRPに移行することが義務付けられています。 参考までに、従業員は雇用主が支払う退職金とは別に、個人型IRPに年間最大1,800万ウォンを拠出することができます。

従業員数

給与の支払い

給与は、韓国では一般的に月給制で、従業員の銀行口座に振り込まれる。

ペイスリップ

使用者は、労働者に賃金を支払う際、給与明細を発行することが義務付けられています。 労働者は、ウェブサイト、PDF、またはハードコピーで給与明細にアクセスできる必要があります。 給与明細には、従業員名、従業員番号、給料日、労働日数、賃金総額、総労働時間、残業回数、各賃金項目の金額、各賃金項目の計算方法、控除項目、最終有効金額が記載されている必要があります。

年次有給休暇

  • 会社は年間15日以上の有給休暇を与えなければなりません。
  • 初年度の総労働日数の80%を消化した社員は、初年度に11日の年次休暇を取得することができます。
  • 出勤率が80%未満の従業員については、翌年の休暇日数は、前年度の全労働月間に1日の休暇を取得した場合の日数を基準としています。
  • 4年目からは隔年で日数が増え、上限25日までとなります。
  • 従業員が1年間年休を使い切らなかった場合、残りの未使用年休日数は翌年に繰り越すことができません。 期限切れになります。 ただし、雇用主は未使用の休暇に応じた賃金を従業員に支払う必要があります。 雇用主が従業員に対し、年末までの残日数を使い切るよう書面で通知した場合、従業員が年休を消化しなかった場合、雇用主は未消化の年休を補償する義務を免除されます。
  • 韓国の外資系企業では、年休の繰り越しを認めているところもあります。 LSAは最低基準として、使用者が法律より良い労働条件を適用することを禁じていないため、これが認められているのです。

病気休暇

  • 従業員には、業務に関連しない病気や怪我に関して、病気休暇を取得する法的な権利はありません。
  • しかし、病気休暇を特別手当として支給している企業は少なくありません。 この手当は、一般的に数ヶ月の無給休暇、または病気や怪我で必要な場合は数週間の有給休暇を上限とします。
  • 業務上の病気やケガについては、労災保険が一部有給休暇をカバーし、治療費と永続的な障害に対する追加補償を支払います。

妊娠

流産・死産の医学的リスクがある妊娠中の女性社員は、妊娠中に育児休業を取得できるようにします。 所定労働時間を守りながら、始業・終業時刻を変更する権利があります。 雇用主は、規則で定められた理由(例えば、その時間が事業の正常な運営を妨げるなど)に限り、この要求を拒否することができます。

産前産後休暇・育児休暇

雇用主は90日(双子の場合は120日)の産休を認めなければならない。 最初の60日間(双子の場合は75日間)の産休は雇用主が負担し、政府が月200万ウォンを上限に補助金を支給します。

残りの30日分(双子の場合は45日分)は、1ヶ月あたり200万ウォンを上限に政府が負担する。

出産後、少なくとも45日(双子の場合は60日)の休暇を取得する必要があります。

流産や早産の場合にも出産休暇が支給されます。

  • 妊娠11週目までの場合は5日間。
  • 妊娠12週目から15週目に入る人は10日間。
  • 妊娠16週目から21週目に入る人は30日。
  • 妊娠22週目から27週目に入る人は60日、そして
  • 28週以上の妊娠の場合、90日間の休暇を取得できます。

雇用主は従業員の希望により、少なくとも10日間の有給育児休暇を与えなければなりません。 出産休暇は、出産後90日以内に申請する必要があります。

1歳未満の乳児を持つ女性は、1日2回、少なくとも30分の授乳時間を確保する権利があります。

育児休業

雇用主は、従業員の申し出により、養子を含む以下のいずれかに該当する従業員に対し、最長1年間の育児休業を付与しなければなりません。

  • 8歳以下
  • 小学校2年生を過ぎていない

育児休業は無給であるため、雇用保険基金を通じて、最初の3カ月間は通常の賃金の80%、残りの期間は賃金の50%を国が補償する。 最長で9ヶ月間です。 月々の支払額は70万ウォンから150万ウォンであること。

育児休暇を取得できる社員は、育児休暇を取得する代わりに勤務時間を短縮することを選択することができます。 労働時間の短縮は、週15時間以上30時間未満とする。

介護休業

雇用主は、両親、配偶者、子供、配偶者の親が病気や怪我、高齢になった場合など、家族の世話をしたい従業員に対して、毎年30日から90日の介護休暇を提供する必要があります。

介護休暇は無給ですが、継続勤務期間に含まれます。

その他の休暇

また、女性社員は毎月1日、生理休暇として無給の休暇を取得することができます。

結婚や親族の死亡などを理由に休暇を与えることは、雇用主にとって一般的なことである。

祝祭日

強制的な有給休暇は

  • 週休二日制(通常は日曜日)
  • 労働祭
  • 祝祭日

これまで、雇用主は祝祭日に有給休暇を与える必要はありませんでした。 しかし、2020年1月1日から適用されるLSAの改正により、祝祭日にも休暇を与えることが義務づけられることになりました。 新法は、まず2022年から労働者数が5人以上300人以下の法人に適用される予定です。

従業員は、休日に勤務した場合、50%の追加賃金を受け取らなければなりません。

メディカルチェック

国民健康保険法施行令第25条第52号健康診断において、健康診断は2年に1回以上実施しなければならないとされています。 オフィスワークに従事していない雇用主は、毎年健康診断を実施しなければなりません。 健康診断は、第14条に基づき指定された機関で実施されなければならない。

韓国における従業員の福利厚生

法定福利費

年金

韓国では、雇用主が提供する退職金制度が、従量制の国民年金制度を補完している。 これは、社会保障(老齢・遺族・障害)の基本的なセーフティネットを構成するものである。 1961年に導入された当初は、従業員30人以上の企業を対象とし、勤続1年ごとに平均賃金の1カ月分以上を一時金として支給する退職金制度が義務付けられていた。 適用範囲は徐々に拡大され、従業員5人以上の雇用主が対象となった。 さらに、2005年のEmployee Benefit Retirement Security Actでは、雇用主は確定拠出年金とも呼ばれる税制優遇のある確定給付型プランを採用するか、既存の強制退職制度を(従業員の同意を得て)これらの年金制度設計に変更することが奨励されています。 また、従業員数が10人未満の雇用主は、従業員に代わって個人退職年金口座に非課税で拠出することもできます。

ビザ(査証)と外国人労働者

一般情報

海外駐在員には、以下のような所得税の特例が適用されます。

外国人は、給与所得税の計算方法として、以下のどちらかを選択することができます。

  • 韓国を源泉とする給与所得の合計額に対して19%の一律税率を適用する(この目的のために控除や控除は認めない)
  • 総収入から適用される控除や免除を差し引いた調整課税所得に対して、6%から42%の段階的な税率を適用する従来の通常の税額計算方法を使用します。 算出された税額は、適用される税額控除によりさらに減額され、通常の方法による最終的な税額が算出されます。

19%の定額税率を選択するためには、毎月の給与所得の源泉徴収票や年末の給与税調整表を作成する際、または年間の総合所得税の申告書を提出する際に申請書を提出する必要があります。

毎月の給与所得の源泉徴収票の提出期限は、翌月10日です。 年末調整および年次確定申告は、それぞれ課税年度の翌年3月10日および5月31日に行われます。

2022年の祝祭日

S.No. オケージョン 日付
1 元旦 1月1日
2 旧正月 1月31日~2月2日(3日間連続休暇)
3 独立3月1日運動記念日 3月1日
4 大統領選挙投票日 3月9日
5 ろうどうさい 5月1日
6 こどもの日 5月5日
7 お釈迦様の誕生日 5月8日
8 全国地方選挙 6月1日
9 メモリアルデー 6月6日
10 解放の日 8月15日
11 チュソク(豊年満月祭) 9月9日~11日(3日間連続休暇、9月12日振替休日)
12 建国記念の日 10月3日
13 ハングルの日 10月9日(振替休日10月10日)
14 クリスマスの日 12月25日

韓国で新しい人材を採用する

当社の海外採用サービスでは、現地法人設立に必要な投資をすることなく、どの国の人でも採用することができます。

はじめに