ウクライナのスポットライト

ウクライナは、ロシアに次ぐヨーロッパ第2位の土地面積を誇り、ベラルーシ、ポーランド、スロバキア、ハンガリー、ルーマニア、モルドバと国境を接しています。 2014年からロシアと戦争状態にあり、特に2022年2月のロシアの侵攻以降、緊張が急激に高まっているウクライナは、高レベルの公的債務、多額の財政赤字、高いインフレ、インフラの損傷、貿易の途絶といった厳しい経済課題に直面しています。 そんな状況にも関わらず強靭で前向きな同国は、ビジネス環境の改善、雇用の創出、多国籍企業(MNC)の投資誘致を目的とした積極的な経済・構造改革を実施しています。

なぜウクライナなのか?

  • 戦争前、ウクライナは比較的安定した政治・経済環境を維持していました。 また欧州連合の「深化した包括的自由貿易協定(DCFTA)」のメンバーであり、共通の貿易規制を設定し、多国籍企業にとってさらなる投資機会を提供しています。
  • ウクライナは高学歴の人口が多く、工学、コンピュータサイエンス、数学など、望ましい分野の学位を持つ労働者の割合が高いです。 さらに、ウクライナ人の多くは英語やその他の言語を話すため、国境を越えたチームの統合が容易になります。 また、人件費も他のヨーロッパ諸国に比べて低く抑えられています。
  • 国連によると、ウクライナの年齢中央値は約39歳で、他のほとんどの先進国の中央値より若いです。 このデジタルネイティブの若年層は、消費者としても労働市場としても魅力的です。
  • ウクライナは製造業、アグリテック、ロボット工学、ブロックチェーン、サイバーセキュリティ、ゲームなど、主要な産業分野の激戦区となっている国です。 IT産業は確立されており、ソフトウェア開発をはじめとするテクノロジー関連サービスのアウトソーシング先としての評判を高めています。
  • ウクライナでは、IT、アグリテック、ヘルスケア、エネルギーなど、さまざまな産業分野で新製品や新サービスを開発する新興企業やイノベーション志向の企業が増えています。 低中所得国の中で、イノベーションで世界第4位にランクインしています。

ウクライナはビジネス環境が複雑ですか?

ウクライナで事業を行う企業は、自社の事業に適用される様々な法規制を認識しておく必要があります。 ウクライナのビジネス法および一般の環境は複雑であり、特に ロシアとの戦争が続く中、 同国経済の挑戦と再形成のために. 現在進行中のビジネス法改正がされる可能性があります。 2023年に施行される新しい法律では、従業員の軍歴管理に関する雇用主の義務を導入しました。

ウクライナの税制は徐々に改革と簡素化が進んでいますが、外国企業にとってはそれを理解し、従うことが難しい場合があります。 また、ウクライナで事業を行う企業にとって、さまざまな業界特有の規制を遵守することは重要なことです。 例えば、医療や金融など特定の分野の企業は、特有の事業規制を遵守し、必要なライセンスを取得する必要があります。

特に企業は、雇用、解雇、報酬など、従業員に適用されるさまざまな法律や規制に従う必要があります。 また、ウクライナでは、企業が外国人をどのように雇用するかを規制する法律がいくつかあります。

ウクライナでビジネスを立ち上げる際の課題は何でしょうか?

ウクライナでの事業登録は、一連の書式や手続きが必要であり、時間がかかることで知られています。 また、企業は税金、雇用、労働安全などに関するさまざまな許認可を取得しなければなりません。

またロシア・ウクライナ戦争により、これらのプロセスに今までになく難しくまた時間がかかる事態になり、ウクライナでの事業拡大や雇用を検討している多国籍企業にとって障害の一つとなっています。

さらに、事業を立ち上げる後も、報告・納税・雇用などの規制が課せられます。

ウクライナの労働法はどのように決められているのですか?

ウクライナの労働法には、ソ連時代に生まれた多くの概念やアプローチが受け継がれています。 特に、この国の労働の枠組みは、従業員中心主義を貫いています。

雇用の分野における関係は、ウクライナの労働法、失業に対する一般的な強制的国家社会保険に関するウクライナ法およびその他の立法行為によって規定されています。

ウクライナ社会政策省、国家労働局、健康保護省など、労働法遵守の監督・管理を担当する政府機関が多数あります。

ウクライナでの雇用契約はどのように行われるのですか?

雇用関係は、雇用契約書によって正式に成立します。

労働法では、雇用契約は一般的に書面で締結され、ハードコピーで署名されるべきであるとされています。 これらの条件が満たされない場合、その契約は妥当であるとみなされません。

契約書には、職種や役職、業務内容、報酬などの雇用条件が記載されている必要があります。 また、適切かつ安全な労働条件を確保する雇用者の義務についても概説しています。

ウクライナの雇用契約は、一般的に無期限です。 ウクライナの労働法では有期雇用契約が認められているとはいえ、これは期間が限定された仕事(例えば、雇用の最終日を決めることが可能な仕事)に対してのみ行われるべきものです。

この法律では、国民の身分や法的地位を証明するすべての公文書をウクライナ語で発行することが義務付けられています。 実際には、多国籍企業のウクライナの子会社が二ヶ国語文書を作成し、承認することが多いです。

ウクライナでは試用期間が認められているのですか?

試用期間は、ブルーカラー社員は1カ月、それ以外の社員は3カ月を超えることはできません。 ただし、国家公務員など一部の従業員については、最長で6カ月間となります。

試用期間には、理由の如何を問わず、従業員が勤務しなかった日は含まれません。

試用期間の条件は、雇用契約書に記載される必要があります。 この間、雇用主は業績が思わしくない従業員を解雇することができます。

試用期間中の従業員には、雇用主は3日前までに解雇通知を出す必要があります。 ただし、試用期間中に従業員が退職する場合は、予告する必要はありません。

解約に関する規定はありますか?

当事者は、労働法に定められた状況においてのみ、雇用を終了させることができます。

以下の通りです。

  • 当事者の合意による終了
  • 有期契約満了
  • 従業員の意志(2週間前に予告)

雇用者主導で発生する事由は以下の通りです。

  • 余剰人員
  • 職務怠慢
  • 資格不足
  • 健康状態の悪化
  • 懲戒処分

ウクライナの法律では、特定のカテゴリーの従業員を解雇することを禁止しています。 妊娠中の女性や、3歳未満または病状が悪化した6歳未満の子どもを持つ女性、障害児や14歳未満の子どもを持つシングルマザーも含まれます。

なぜ多くの多国籍企業が、ウクライナでの雇用にEOR(Employer of Record)パートナーを選ぶのでしょうか?

世界銀行が発表したレポートの最新版“Doing Business”(ビジネスとは何か?) では、ビジネスのしやすさという点で、ウクライナを世界190カ国中64位にランク付けしています。 これは以前より改善されたとはいえ、多国籍企業は事務手続きの遅れや言語の壁などの課題に直面しています。

また、ロシア・ウクライナ戦争により、ウクライナでの事業活動はますます困難になっています。 特に、ウクライナに進出しようとする多国籍企業にとって戦争は困難な状況をもたらしていることは避けられない事実です。 ただ同時に、このような未曾有の困難にもかかわらず、ウクライナ経済は回復力を示し、投資と雇用の機が熟した主要部門があります。

ウクライナでは外資系企業が、労働者を直接雇用する必要のある法人設立や経営は難しいかもしれません。 ただしGoGlobalのような現地のEORと提携することで、多国籍企業は法人設立や国境を越えた給与管理の落とし穴を回避することができるのです。

適切なEORパートナーがそばにいれば、すべてリスクをコントロールしながら企業は市場の可能性を試し、営業チームを配備し、ウクライナでの中核的な事業開発に集中することができます。

GoGlobalの採用は何が違うのでしょうか?

GoGlobalの目標は、グローバルな雇用体験に機動力、スピード感、そしてお客様の安心感を提供することです。 同時に、クライアント従業員は、本来の業務に専念し、プロフェッショナルとして成長できるよう、優れた従業員体験を享受することができます。 私たちは、彼らのタイムゾーンで、彼らの言語で、彼らと一緒に仕事をします。

従業員を受け入れる前に、ウクライナの現地チームが1対1で面談し、EORの仕組みについて説明します。 当社の専門チームは、アレンジメントの間中、クライアントとクライアント従業員の双方をサポートします。 給与計算、税務、福利厚生などに関する疑問が生じた場合、いつでもご相談ください。

ウクライナで事業を拡大し雇用する企業は、GoGlobalのEORソリューションを用いて、人材調達、入社手続き、福利厚生、退社手続きをカバーする当社の採用・雇用ソリューションを選択することができます。 こ この革新的なサービスにより、企業はテクノロジー、セールス、顧客サービスなど、人材確保が困難な職種の採用を支援することができます。

現地の要件やビジネス文化に関する確かな専門知識をもとに、迅速かつコンプライアンスを重視した優れたソリューションで、ウクライナでのお客様の成長を支援します。

ウクライナの福利厚生や雇用に関する詳細はこちらへ、またグローバルHRの専門家へのお問い合わせはこちらよりご連絡ください。