グローバル人事の疑問に答えてくれるAI搭載の新チャットボット ChatGoGlobal をご紹介します. ぜひお試しください!

スロバキアのスポットライト

中欧の中心に位置するスロバキアは近年、外国直接投資(FDI)の誘致で順位を上げてきています。 スロバキアの経済活動の約半分(45%)は国境を越えたビジネスによって生み出されており、これは OECDの中でも最も高い水準にあります。 多国籍企業(MNC)は非常に安定した投資環境、先進的なインフラ、高い生産性、よく発達した労働力を背景に、スロバキアに引き寄せられるように流入しています。

なぜスロバキアなのか?

  • スロバキアはヨーロッパの中心に位置しているだけでなく、高速道路や鉄道網が発達しており、ヨーロッパの主要なサプライチェーンとビジネスを結び、半径2,000キロメートル以内に6億人を超える顧客が存在することになります。
  • 2009年にEU圏に加盟し、ユーロを導入したことにより、取引コストの削減、為替変動リスクの低減、投資の安定性向上を実現しています。
  • 企業は、魅力的な地域投資奨励政策、研究開発(R&D)活動に対する優遇税制、その他の外国投資を促す金融支援メカニズムなどの恩恵を受けることができます。
  • スロバキアの生産性水準は、OECDのデータ によるとOECD平均を大きく上回り、地域内でも上位にランクされています。 多国籍企業にとっては、欧州の他の多くの市場と比較して、より低い労働コストでより高い生産性を得ることができるのです。

多国籍企業(MNC)がスロバキアに進出する際、あるいは初めて採用する際に知っておくべきことは何でしょうか?

スロバキアの労働法は、国の労働の枠組みを公式に定義しています。 最低賃金、団体協約(CBA)、派遣会社経由の雇用など、雇用に関連する事項については特別な法律で定められています。 国立労働検査官は、雇用に関する法令を執行する公的な政府機関です。

また、労働・社会・家族中央局は、仕事探しを支援するなど、労働市場の一翼を担っています。 公衆衛生局の機関が職場の安全衛生に関する労働条件の検査を行うもので、すべての雇用主が対象となります。

スロバキアでは、ボーナスは必須ですか?

ボーナスは雇用主の裁量で支給され、従業員の平均月収を下回らなければ税金と社会保険料が免除されます。 免除額の上限は500ユーロです。 スロバキアでは、ボーナスは義務ではありません。

スロバキアでは、従業員の解雇はどのように行われますか?

雇用関係は、次のような場合、両者による書面によって終了させることができます。

  • 双方の合意によるもの
  • 試用期間中
  • 通知による解約(どちらか一方による)

即時解雇は、労働法に規定された例外的な状況においてのみ行うことができます。 雇用主は、即時解雇につながる状況を知ってから2カ月以内(遅くとも1年以内)に解雇しなければなりません。

雇用主が行う解雇(予告または即時)は、従業員代表と事前に交渉する必要があります。 この交渉が行われない場合、解約は無効となります。 従業員代表は、雇用主からの書面による要請から7営業日以内、即時解雇の場合は2営業日以内に、通知をもって解雇交渉を行うことが義務付けられています。

スロバキアの従業員は、以下のいずれかに該当する場合、解雇から保護されます。

  • 病気やけがで働けない人
  • 緊急時の業務遂行
  • 妊娠または産休
  • 自発的な軍事練習・ボランティア
  • 公職を目指しているもの

スロバキアでの余剰人員や退職金の仕組みは?

解雇が従業員の余剰人員や能力不足によって引き起こされた場合、雇用主は1カ月から4カ月分の給与を支払う責任があります。 これは、以下の通り雇用期間によって異なります:

  • 2年以上5年未満:1ヶ月分
  • 5年以上10年未満:2ヶ月分
  • 10年以上~20年未満:3ヶ月分
  • 20年以上:4ヶ月分

合意解約の場合、必要な退職金も異なります:

  • 2年以上:1ヶ月分
  • 2年以上~5年未満:2ヶ月分
  • 5年以上~10年未満:3ヶ月分
  • 10年以上-20年未満:4ヶ月分
  • 20年以上:5ヶ月分

雇用主は従業員に解雇の書面を提示しなければなりません。 スロバキアでは通知の代わりの支払いは認められていないことに雇用主は留意する必要があります。

スロバキアにおいて、EOR(Employer of Record)採用モデルが魅力的な理由は何でしょうか?

多国籍企業はスロバキアの安定した投資環境を活かしたいと考えていますが、現地での事業運営や人員管理に伴う課題や負債もあります。 例えば、雇用主は従業員データを扱う際、欧州連合の一般データ保護規則(GDPR)の規定に拘束されます。

法人設立に時間と費用をかける代わりに、EOR雇用モデルにすることでスロバキアでの採用において、より効率的で費用対効果の高いソリューションであると考える企業もあるようです。 GoGlobalのようなEORを利用することで、多国籍企業は会社設立の困難なプロセスを回避し、人事チームもその国の給与管理のための法律を学ぶことから解放されます。 また、多くの人事リスクや落とし穴のリスクを軽減することができます。

EORを会社が正式に設立されて落ち着くまでの間の暫定的なソリューションとして利用されることもあります。 また、スロバキアの優秀で生産的な労働力を活用するための恒久的なソリューションとして活用することもできます。

GoGlobalでの体験は何が異なるのでしょうか?

GoGlobalでは、人事に対するアプローチがユニークです。 世界各地にリモートチームがあり、グローバルな考え方を取り入れる一方で、私たちがサービスを提供するすべての市場で、現地の専門家による献身的なチームを維持しています。 このため、スロバキアのチームは、現地の規制環境や職場の文化的習慣を熟知しています。 また、クライアント労働者と同じ時間帯で、同じ言語を話すことができます。 これにより、すべての関係者にポジティブでカスタマイズされた雇用体験の土台を築くことができます。

GoGlobalの採用プロセスはどのように行われますか?

私たちは、スロバキアに進出するお客様とともに、従業員体験のローカライズを支援する準備ができています。 新しい労働者を受け入れる前に、スロバキアのGoGlobalのチームが彼または彼女とのミーティングを手配し、EORアレンジメントの詳細を説明します。 入社後は同じ専門チームが窓口となります。 給与計算、福利厚生、税務などで出てきた問題にはいつでも対応します。

GoGlobalがクライアントやクライアント労働者にサービスを提供する目的は何でしょうか?

GoGlobalは、クライアントやクライアント労働者の方にサービスを提供する際、敏捷性、効率性、安心感を提供できるように努めています。 スロバキアで実証済みのEORソリューションを適用することで、多国籍企業は社内の人事チームが同国の労働事情を詳しく知る必要から解放されます。 私たちはリスクを引き受け、法定福利費への拠出、源泉徴収、福利厚生の管理など、給与計算と人事処理を一気通貫で機能を実行します。

スロバキアのお客様は、GoGlobalのパートナーになることで、チームのリソースを解放し、コアビジネスや成長活動に集中し、急成長する市場機会を獲得することができます。

スロバキアでの福利厚生や雇用に関する詳細はこちらをご覧ください。またその他詳細は お問い合わせまでご連絡ください。