グローバル人事の疑問に答えてくれるAI搭載の新チャットボット ChatGoGlobal をご紹介します. ぜひお試しください!

モーリシャスのスポットライト

インド洋に浮かぶアフリカの島国モーリシャスは、インド、アフリカ、中国、ヨーロッパからの影響を受けた異文化のるつぼです。 観光地として人気が高いこの国は、その美しい自然や豪華なリゾートを求めて、世界中から多くの観光客が訪れています。 製造業、観光業、金融サービス業を中心に、先進的で多様な経済が展開されています。 また近年、政府は外国直接投資(FDI)の誘致に力を入れており、モーリシャスは急速にアフリカの事業拡大や雇用を目的とする主要な都市のひとつになりつつあります。

なぜモーリシャスなのか?

  • 安定した地政学的環境、堅調な経済、高い技能を持つ労働力、ビジネス推進のための政策など、良好なビジネス環境を提供しています。
  • モーリシャスは、多くの先進国と比べて生活費や人件費が比較的安く、運営コストや雇用コストを削減できる魅力的な立地です。
  • モーリシャスのスタートアップ・エコシステムは歴史が浅いですが、スタートアップ・アクセラレーション・プログラム などの政府のプログラムのおかげで、近年急速に成長しています。 その結果、フィンテック、ヘルステック、インシュアテック(保険)、エドテック(教育)、再生可能エネルギーなどの新興分野で、多くの企業が誕生しているのです。
  • この国の人材データベースは、サハラ以南のアフリカ諸国の中で、 イノベーションの分野で第1位を獲得しています。また、世界銀行の最新の「ビジネス活動」報告書では、モーリシャスは190カ国中13位にランクされています。

モーリシャスの雇用法の主な出典は?

2019年の労働者の権利に関する法律では、モーリシャスにおける雇用者と被雇用者の関係をパラメータで定め、規制しています。 現在、国内で働く現地従業員と外国人従業員の両方に労働規制を設けています。 同法は、パートタイムや有期契約など、さまざまな種類の契約について規定を設け、それに伴うルールを定めています。

この法律は、一部の労働者層には適用されません。

  • 公務員または地方公務員
  • “ペイ・リサーチ・ビューロー”の報告書の条件に準拠する、または採用された従業員
  • 基本給が年間MUR600,000の非常勤社員または在宅勤務社員

モーリシャスの労働法は、労働条件の最低基準を定めています。 雇用主は、労働者の労働条件を改善するために、より多くの規定を提供することができます。 例えば、雇用主が望めば、より高い報酬、より多くの休暇、より少ない労働時間、補足的な福利厚生などを提供することができます。

モーリシャスの人材市場はどのようなものですか?

モーリシャスの労働市場は、この地域の他の国々と比べて比較的競争的で、低い失業率と熟練労働者に対する需要が高まっています。

この国は、高等教育の学位を取得している割合が多く、高い技能を持ち、主に英語を話す労働力の提供が可能です。 しかし情報技術、エンジニアリング、金融サービスなど、特定の分野では熟練労働者の不足が見られます。

このような労働市場の逼迫により、企業は必要な熟練労働者を調達することが困難になっています。 競争の激しい労働市場に打ち勝ち、優秀な人材を確保するために、企業は有給育児休暇、柔軟な勤務形態、有給休暇などの補足的な福利厚生を提供するようになってきています。

多国籍企業はモーリシャスの強力なリモート人材を活用できるのか?

デジタル化が進み、リモートワークが流行する中、モーリシャスは近年、リモートワーカーやデジタルノマドの拠点としての地位を確立してています。 政府は プレミアムビザ制度など、リモートワーカーやデジタルノマドを誘致することを目的としたさまざまな取り組みを始めています。

さらに、アフリカ、ヨーロッパ、中東の多くの国々と同じタイムゾーンにあるため、国境を越えたチーム作りを目指す企業にとっては、その地理的条件も利点となりえます。 この近接性により、遠隔地にいるチームとのコミュニケーションやコラボレーションをシームレスに行うことができます。

雇用契約はどのように行われるのですか?

雇用契約について多国籍企業が注意すべき点は以下の通りです。

  • 雇用契約には、正社員と有期雇用があります。
  • 契約は口頭でも書面でも可能で、1ヶ月の勤務後14日以内に締結する必要があります。
  • 雇用者と被雇用者双方の利益を守るために、書面による契約を強くお勧めします。
  • 契約が1ヶ月以上を超える場合は、書面での契約が必要となります。
  • 契約書を作成する場合、フランス語かクレオール語のいずれかを使用せねばなりません。
  • 有期契約は、特定の種類の仕事などに利用することができます。
    • 特定プロジェクトやプロジェクトの一部
    • 代替わり
    • 臨時的・季節的・短期的な業務で、特定の期間労働者に訓練を提供するもの
  • 有期契約から無期契約への移行は、2つの有期契約の間に28日以内の中断がある場合に行われます。

多国籍企業は解雇について何を知っておく必要があるのか?

雇用契約の終了に関する主な規定は以下のとおりです。

  • 雇用契約は、正当な理由のある場合、または理由のない場合のいずれにおいても、雇用主または従業員によって終了させることができます。
  • 雇用者または被雇用者のいずれかが、口頭または書面での契約解除を選択することができます。
  • 正社員契約の場合、少なくとも30日前までに口頭または書面での通知が必要です。
  • 通知の代わりに、当事者のいずれかが、通知期間中に従業員が得たであろう報酬額を支払うことができます。
  • 通知期間中、雇用主は労働者に他の仕事を探すための合理的な有給休暇を与えなければなりません。
  • 雇用主は、人種、肌の色、国籍、社会的身分、出生地、年齢、妊娠、宗教、政治的信条、性的指向、HIVの有無、障害、婚姻状況、家族介護の責任などの保護された条件下で雇用契約を解除してはなりません。
  • 雇用主は、重大な違法行為や業績不振を理由に従業員を解雇することができます。
  • 従業員は、以下の場合に契約を解除することができます。
    • 雇用主から不当な扱いを受けている場合
    • 雇用主が正当な報酬を支払わない場合
    • 使用者が労働の義務を果たさない(報酬を支払わない)場合
    • 労働者が強制的に退職させられたり、文書で退職願に署名させられたりした場合
  • 退職金は、雇用主が理由なく無期限契約を終了させた場合に支払わなければならないものです。
  • 有期契約は、契約期間の満了または契約更新により終了します。 両者の合意がない限り、退職金の支払いは不要です。

モーリシャスでEOR(Employer of Record)サービスが伸びているのはなぜですか?

高い技能を持つ労働力とビジネス・フレンドリーな環境のおかげで、モーリシャスはアフリカ全土の中で世界進出のターゲットとして最も魅力的な国のひとつとなっています。 リモートワークの強化に重点を置いた最近の政策により、今後数年間は多国籍企業にとってさらに魅力的な国になると思われます。

しかし、クロスボーダーの業務や採用には、決して課題やリスクがないわけではありません。 例えば、雇用の前提となるモーリシャスでの事業設立は、店舗を構えるために最低限満たさなければならない規制要件があるため、困難なプロセスとなる可能性があります。 セクターによっては、他のセクターよりも事業展開が難しい場合があります。 また、給与計算の要件も満たす必要がありますが、社内の人事担当者が労働事情に精通していないと難しい場合があります。

GoGlobalのような認定されたEORと提携することで、多国籍企業には以下のような無数の利点がもたらされます。

  • 法人を設立せずにローカルチームを結成
  • 現地の法律・規制の遵守
  • コスト削減
  • 採用における柔軟性と俊敏性の向上
  • 雇用リスクの軽減

GoGlobalの特徴は何ですか?

GoGlobalは人を第一に考える海外雇用代行サービス(EOR)のサービスプロバイダーです。つまり、採用プロセス全体を通じて人と人との触れ合いを優先しています。

また、グローバルな視野を持ちつつも、各市場に精通した専門家によるチームを維持しています。 モーリシャスのチームメンバーは、規制環境や現地の文化習慣を深く理解しており、お客様だけでなく、当社がお客様に代わって直接雇用するクライアント・ワーカーにとっても、ポジティブな雇用体験をお約束します。

モーリシャスの労働市場は非常に競争が激しいため、多くのお客様が当社のレガシーEORサービスと当社のリクルート&ハイヤーソリューションと組み合わせて、技術、営業、顧客サービスなど、人材確保が困難な職種に対応することができます。

人材発掘から入社、給与計算、福利厚生、退社まで、エンドツーエンドの採用プロセスをカバーします。 モーリシャスでのコアビジネスとチームの成長に専念できるよう、コンプライアンスと管理は私たちにお任せください。

モーリシャスでの福利厚生や雇用に関する詳細につきましてはこちらをご覧いただくか、お問い合わせまでご連絡ください。