「デジタルノマド」人材を管理するための4つの考慮点

旅行に関する調査であるアメリカン・エキスプレス・グローバル・ビジネス・トラベルトラベル・エキスパーツ の2つの調査によると、旅行ブームは健在で、2023年は世界的な旅行の記録的な年になる可能性があります。またこのことは少なくとも、世界中を飛び回り、好きな場所で働くことを選択したリモートワーカーからの需要が見込まれます。

また“デジタルノマドビザ”を提供する国が増え続けています。最近ではポルトガルが新しいビザプログラムを導入して話題になりました。ただ 世界銀行・国際通貨基金年次総会で議論されたように、世界経済は依然として労働力不足に悩まされています。

このようなトレンドの流れを受けて、企業は遠隔地にいる人材を利用しようとするかもしれませんが、 デジタルノマド を雇用する際に、課題やリスクに直面することは必須です。遠隔地にチームを持つ企業が、 “新しい形の旅”と仕事に取り組む際に人事部門が考慮すべきことは次の4つです。

法規制の順守および税金の支払い

デジタルノマドの居場所を常に把握することは困難であり、彼らは必ずしも居住地や仕事場について教えることに積極的でない場合があります。 多くの企業では、デジタルノマドのライフスタイルを管理するための公式なポリシーがないため、 規制遵守リスク労働監査および グローバルな税負担による 恒久的施設といったリスクを抱えています。

雇用主は従業員が外国で長期間「ワーケーション」することに抵抗はないかもしれませんが、政府は明らかにそうではありません。 税務、給与管理、福利厚生、コンプライアンス、その他ビジネスプランニングの機能において、リモートワークをどのように扱うかについて、新たな規制措置や法的枠組みが生まれつつあります。 例えば、リモートワークに関する規定は、 チリノルウェー他多くの国で、労働法にリモートワークに関する規定が最近盛り込まれました。

知的財産の保護

昨今の リモートワークで業務を行うチームの増加に伴い、企業のデータは自社で所有していないデバイスやクラウドに分散していることが多くあります。 そのため、アイデア、特許、商標、企業秘密、フランチャイズ、著作権など、企業の知的財産(IP)が危険にさらされています。 知的財産の保護は、どの企業にとっても重要です。なぜなら、独自の製品やサービスによって、企業は競合他社に差をつけ、顧客を獲得することができるからです。

しかし、デジタルノマドを雇用する場合、国によって規制が異なり より厳しい規制を設けている国もあれば、緩やかな基準の国もあるため、知的財産リスクが高まる可能性があります。

知的財産は、市場において価値を高め、競争優位性を引き出すための要となるものです。 しかし、従業員がどの国にいるのかさえ正確に把握できていない状況で、企業はどのようにして自社の知的財産を適切に保護すればよいのでしょうか。

企業は、デジタルノマドを活用するための新たなフレームワークを導入することで、従業員の居場所を把握し、それに応じて知的財産を保護することができます。

デジタルノマドの人材を活用する

市場の低迷、解雇、先行き不透明感にもかかわらず、高品質で費用対効果の高い遠隔地の技術・営業人材への需要は急増し続けています。 「人材争奪戦」を経験している注目の業界には、人工知能(AI)、機械学習(ML)、ブロックチェーン、ヘルステック、量子、ロボティクス、仮想現実(VR)、Web3、フィンテックなどがあります。

例えば、米国では開発者の不足が 2026年までに120万人を超える見込みですが、この分野は デジタルノマドに最も人気のある仕事の一つです。

企業は、デジタルノマドの人材データベースを活用することで、新たな人材供給を開拓することができます。 企業にとっての課題は、そのポジションにふさわしい人材を見つけることと、その人材をコンプライアンスに則って効率的に従事させるための適切な枠組みを用意することです。 デジタルノマドワーカーの増加に伴い、企業はリモートワークをうまく維持できるよう、新しいリソースを活用することが重要になります。

Employer of Record雇用モデル

デジタルノマドワーカーの管理には無数の課題がありますが、そのリスクに勝るリターンがあります。

その EOR(Employer of Record)雇用モデル は、企業がリモートワーカーの雇用する際に伴う多くのリスクを回避するのに役立ちます。 EORを利用した雇用は、企業側と個人側の双方を効果的に保護することができます。それは、 グローバル税務上の足跡を最小限に抑え、 コンプライアンスを順守し 恒久的な設立のリスクを軽減します。また、 IP保護を促進し 国境を超えた給与計算を合理化、 そして 福利厚生オプションを提供することにより、採用活動を支援し、すべての関係者の時間とコストを削減します。

EORを利用することで、今週、来月、来年のどこに住んでいても、世界で最も優秀な人材と確保することができます。

GoGlobalの EORとは?ガイドをご覧ください。またお問い合わせまでご連絡ください。国際的な人事専門家に相談し、EORと提携することで無限のデジタルノマド人材にアクセスできるようになることをご確認ください。