グローバル人事の疑問に答えてくれるAI搭載の新チャットボット ChatGoGlobal をご紹介します. ぜひお試しください!

M&A案件におけるタレント・エンゲージメント要点トップ5

クロスボーダーM&A(合併・買収)は、グローバルな事業展開、競争優位の獲得、今日の市場課題の克服を目指す企業にとって、重要な戦略となっています。 ところが一方で 戦略的企業間取引のメリットは広く議論されていますが、合併契約以外にも取引の成功を左右する重要な考慮事項があります。

その中でも特に重要視しているのが タレントエンゲージメント契約後まで見過ごされがちなポイントです。 しかし クロスボーダーM&Aを通した人材の確保と定着 は、ビジネスの継続を維持し、長期的な成功を収めるために非常に重要です。 結局のところ、契約書の専門用語や数字の裏には、チームを形成する人間がいるのです。 その人たちが事業に明かりを灯し続け、商業的成功を可能にする人たちになるのです。

では、どうすれば”人材”を活かすことができるのでしょうか。

クロスボーダーM&A案件において、タレント・エンゲージメントを強化するための「要」となる5つのポイントを紹介します。

1.密なコミュニケーション

定期的かつ包括的なコミュニケーションにより、透明性を確立します。 良い知らせも悪い知らせも、法律上可能な限り早く伝えるべきです。 これは、電子メールからタウンホールミーティング、個々のチームメンバーとの1対1に至るまで、多くのフォーマットで行われるべきです。

2.企業文化の統合

交渉中は様々なことが起こりますが、人事部やリーダーはマクロな問題に焦点を当てたままになっていることがあります。 しかし、共感はこれまで以上に重要です。 従業員が懸念を表明できるようにすることは、士気を高め、文化を維持する上で非常に有効です。

3.透明性の高い移行プロセス

いつ、どのように取引が行われるかというタイムラインは、不安を和らげ、労働者を仲間に引き入れることにもつながります。 移行をスムーズに進めるために委員会やタスクフォースを結成し、人事が参加することのメリットを説明し、リーダーとして活躍する強力なパフォーマーを募集することもあります。

4.報酬と福利厚生の整合性

従業員は、この取引が自分自身にどのような影響を与えるかを知りたいと思うでしょう。 ディール後の報酬や福利厚生に関する計画は、できるだけ早い段階で定義し、従業員に伝える必要があります。

5.雇用関係の強化

買収した側の企業は、労働協約や労働組合がコンプライアンス要件や労働力の統合にどのような影響を与えるかを考慮する必要があります。

EORソリューションで人材の力を解き放つ

クロスボーダーM&A案件の成功は、契約の法的・財務的側面だけでなく、移行期間中にどれだけ労働力を従事させ、管理できるかに依存します。 しかし、「ヒューマンファクター」を維持することは、特に取引が国境を越える場合、複雑で時間がかかることがあります。 例えば、グローバルカーブアウトでは、多くの場合、行き場を失う従業員や‘合法的に雇用する国内法人がなくなるケースがあります。

そこで 海外雇用代行(EOR)サービス は、貴重なパートナーになり得ます。 EORは、人事サービスや現地の規制に関する専門知識を提供することで、企業がクロスボーダーM&A案件における人材確保に関する課題を解決できるよう支援します。

クロスボーダーM&Aの真の価値は、契約書や経営の数字だけでなく、それを実現するすべての人材にあるのです。 スティーブ・ジョブズが言ったように、”ビジネスの世界で信じられないような実績や発明は、決して一人の人間によってではなく、チームによって作られる “ということです。

M&AをサポートするEORとの提携は、タレント・エンゲージメントの潜在能力を最大限に引き出し、長期的な成功を導く鍵となり得ます。

ガイドブック ” をご覧ください。「合併・買収・分割を通じた人材の管理とエンゲージメント」をご覧いただくか GoGlobalまでぜひお問い合わせください。