フランシス・メンデス、ワーキング・ファーザーとして

GoGlobal: GoGlobalでのあなたの役割について教えてください。

フランシスコGoGlobalに入社して、国際展開チームでラテンアメリカの新会社の設立をサポートし、当社の福利厚生、政策、人事プロセスの開発のためにベンダーを調達しました。 この仕事では、米州地域の顧客や見込み客から寄せられる人事関連の質問や懸念に対応し、営業チームをサポートしました。 最近、アメリカ大陸のチームの社内人事に異動になり、この地域の新入社員の受け入れや、既存の社員の給与計算を管理しています。

GoGlobal: ご自身の経歴についてお聞かせください。

フランシスコ私はメキシコシティで生まれ育ち、20歳のときにアルゼンチンのブエノスアイレスに移りました。 引っ越した理由は長くなりますが、おいしいコーヒーを飲みながらなら話せますね。 ブエノスアイレスで勉強し、経営学の学士号を取得しました。 その4年後、ブラジルのサンパウロに移り住み、7年間暮らしました。 その後、メキシコに戻り、人事部での専門的なキャリアをスタートさせました。 今となっては、人事部は私にとって大切な存在になっていると言えます。 特に、人事の人間的な要素を大切にしたいと常に考えています。

GoGlobal:あなたの経歴や経験は、GoGlobalでの役割にどのように役立っていますか?

フランシスコ私は、人事部、特にプロセスの改善に重点を置き、現在のGoGlobalでの職務につながりました。 これまでの経験から、GoGlobalのような速いペースで進む環境で働き、急成長するクライアントのために結果を出す能力が身に付きました。

GoGlobal:職業的な経歴とは別に、ご自身について教えてください。

フランシスコ私には7歳になる息子がいますが、彼は私の人生の中で最も大切な存在です。 シングルファーザーである私にとって、GoGlobalは、仕事と子育ての完璧なバランスを実現する機会を与えてくれます。 パンデミックによりホームスクールを続けている息子にとって、私は彼の学びの道に参加することができます。 また、他の会社では考えられないような充実した時間を過ごすことができます。 仕事以外では、テレビシリーズや映画を見るのが好きで、特にスリラー、ホラー、サスペンスなどが好きです。 私は音楽が好きで、特に70年代、80年代、90年代が好きです。 テクノロジーに関することは何でも好きで、常に新しいトレンドに対応できるように心がけています。

息子と一緒にいる男性

GoGlobal:これまでのところ、GoGlobalはいかがでしょうか?

フランシスコこれまでのところ、素晴らしい経験をしていますし、この新しい冒険に乗り出す決断をしたことをまったく後悔していません。 GoGlobalは従業員を大切にしています。 世界中の誰もが、常に助け合える素晴らしい家族の一員になれるのです。 単なる数字とみなされず、積極的に会社の成長の一翼を担っていることに喜びを感じています。 よくできた仕事に対しては、必ず表彰を行います。 チームのシナジーは強く、全員が共通の目標に向かって努力し、お客様と従業員に最高のカスタマーサービスを提供することである。 全員が遠隔地にいて、世界中に散らばっていますが、私たちはチームとつながる機会を捉え、全員と有意義な関係を築いています。