国際的な雇用。エクスパットは死んだのか?

GoGlobal USA パートナーアンドリュー・リンドクイスト氏とのQ&A

企業が新しい市場に進出する際、現地で雇用するか、自国から駐在員(エクスパット)を配置するかという重要な選択を迫られます。

かつて、多国籍企業(MNC)が海外拠点の管理や海外勤務のために駐在員を配置することは、ほぼ必然的なことであった。 しかし、転居、住居、福利厚生、家族支援、語学教育、文化研修などのコスト上昇により、年々、駐在員の採用は伸び悩んでいます。 さらに最近では、リモートワークの台頭やパンデミックによる規制もあり、駐在の手続きは混乱している。

こうしたトレンドをより深く理解するために、GoGlobalのパートナーであるAndrew Lindquistに話を聞きました。 キャリアの大半を海外駐在員として過ごしたアンドリューは、多国籍企業が国際的な雇用に対するアプローチをどのように変えているか、その見識を披露してくれました。

海外駐在の経験について、もう少し詳しく教えてください。

私はラッキーでした。 大学を卒業してすぐに、会社の短期派遣で香港に行ったんです。 これは、ほとんど即座に長期駐在になった。 その数年後、私は日本事業を統括する立場に昇進しました。 そこから、ロンドンに行って、ビジネスの中で最も成長が速く、最も収益性の高い部分の国際営業チーム全体を運営するようにとの昇進のオファーがありました。

海外駐在の経験があったからこそ、企業の海外進出を支援するビジネスに携わることができたのだと思います。

従来の駐在員経験とはどのようなもので、近年はどのように変化しているのでしょうか。 エクスパットモデルは「死んだ」のか?

死んでいる、あるいはその一部が死んでいるのです。 仮想的に会い、オンラインでトレーニングし、短期間でより大きな効果をもたらす複数のリソースを送ることができる今、誰かを長期間にわたって外国に送ることは、もはや経済的にあまり意味のあることではありません。 もちろん、特定のスキルや特定の状況下での例外はありますが、他国のシニアポジションに「スーツ」を送ることは、もう広く採用されることはないでしょう。

リモートワークの台頭は、駐在員にどのような役割をもたらしたのでしょうか。

リモートワークそして、その背後にあるテクノロジーは、従来の駐在員の役割を変えるものであり、究極の殺し屋でもあるのです。 企業はリモートチームを管理することに抵抗がなくなりました。 時差を越えてリアルタイムに情報を得ることができ、さまざまなアプリケーションを通じて、より親密な対人コミュニケーションやグループコミュニケーションを楽しむことができます。 今日、リモートワークの台頭により、データの流れやコミュニケーションは常に瞬時に行われるようになっています。

海外赴任を希望する企業は、今後どのような展開を迎えるのでしょうか。 駐在員の動向にどのような影響を与えるか?

伝統的な駐在員が死んだのなら、忍者駐在員や遊牧民駐在員は万歳だ。 これからは、数ヶ月、数年単位ではなく、数週間で目標を達成するプロジェクトベースのチームが増えると思います。

また、長期の駐在は過去の遺物だと思いますが、短期の駐在は非常にインパクトがあると思います。 本社の外で仕事をすることは、シニアマネジメントだけでなく、すべての階層にメリットがあります。 何がうまくいっているのか、何が問題なのかを直接見て確認することができ、また、海外のチームと新しいアイデアを出し合うこともできます。

最近の労働者は、仕事のための旅行先を特典としてとらえることが多いようです。 海外に派遣してまで仕事をする必然性はないかもしれませんが、競争の激しい今日の雇用市場で人材を確保するために、企業は海外勤務を受け入れ、さらにはその機会を提供することを余儀なくされるのではないでしょうか。

最近発表された
Airbnbが最近発表した、社員がどこからでも働けるように
は、旅行に適したリモートワークモデルによって競争上の優位性を獲得した良い例です。
この画期的な発表を受けて、Airbnbのキャリアページには100万人近くが集まりました。
この画期的な発表の後、Airbnbのキャリアページに100万人近くが集まりました。これは、人材獲得競争が激化する中、かなりの偉業です。

もちろん、このプレスリリースは、「(一定の制限はあるが)どこでも働ける」という、まさにその政策を後押しするための広報活動だったのだろう。 しかし、実際には「ワーケーション」は新しい現実であり、このワークプレイスモデルを中心に新しい産業が構築されることになるでしょう。 もし、ハイフライヤーが、一部または全額を会社が負担して、好きな場所で働くことを許可したらどうでしょう。 もし、プロジェクトチームをクールな旅行先に派遣して、そこでミーティングや仕事をさせたらどうでしょう。

しかし、何よりも重要なのは、企業が駐在員を活用するのではなく、現地での雇用を増やしていくことだと思います。

EORモデルは、海外赴任の企業をどのようにサポートするのでしょうか?

EORは、現地で雇用したい場合、特に国内に法人格を持たない企業にとっては、当然のソリューションと言えます。

場合によっては、EORプロバイダーは、駐在員や外国人労働者のためのビザや労働許可証でグローバルモビリティをサポートすることができます。 また、EORプロバイダーは、市場によって微妙に異なるローカルレベルでの労働者の給与をコンプライアンスに則って支払うことを保証します。

また、グローバルモビリティのもう一つのトレンドとして、リパトリエーションというものが出てきています。 これは、自国を離れて組織のために働いている労働者が対象です。 在宅勤務やリモートワークの導入が進む中、これらの労働者の多くは、母国に戻って仕事を続けることを希望しています。 EORは彼らを採用するのに最適なプラットフォームです。


検索


その他の詳細


EORを利用した国際的な採用活動についての詳細はこちら


お問い合わせ


までご連絡ください。