大手ブランド買収後の従業員満足度向上について

ケーススタディ

大手ブランドの買収後、リーダーシップと協力して従業員満足度を向上させた方法。

 

問題点

  • クライアントは、大手製造業ブランドの20億米ドル規模の買収を完了したばかりです。
  • 買収後、クライアントが法人格を持たない国もあり、多くの従業員が家を失った。
  • もし、移行が間に合わなければ、多くの社員が職を失うことになる。

解決方法

  • GoGlobalは、タワーズワトソンやデロイトと協力して、総報酬制のアプローチをとり、アジア太平洋地域の主要事業体に、同じ報酬水準かそれ以上の報酬で従業員を移行させました。
  • GoGlobalは、移行に影響を受ける従業員と直接協力し、タイムリーに完了させました。
  • GoGlobalはまた、アジアの管轄区域における人事のニュアンスをエンドクライアントに説明しました。

結果

  • 従業員の入社は予定通り、コンプライアンスに則った方法で行われ、スタッフの定着率は100%でした。 最初のコンタクトからオンボーディングまで、合計3週間で完了しました。
  • GoGlobalは、現地社員や米国にあるグローバル本社と連携し、事実上の人事部門として機能し続けています。

あなたの組織でも、同じような問題に直面していませんか?

一緒に解決していきましょう。