フリーランスの保護と合理化:専門家によるQ&A

業務委託契約者/フリーランス(IC)を雇用することは、進化するビジネス需要に適応し、専門的なスキルを利用する上で、画期的な変化となり得えます。 しかし、企業はフリーランスを雇用し管理する際に気をつけるべきポイントと、海外雇用契約EOR(Employer of Record)がどのように役立つかを知っておくととても便利です。

GoGlobalは、業務委託契約者/フリーランス管理のニーズで企業を支援する業務委託契約代行サービスを開始します。 
GoGlobalのアソシエイト・ディレクターであるクリスティン・モンニッチから、新しいサービスについてご紹介します。

クリスティン・モンニッチのヘッドショット

業務委託契約代行サービス(AOR)で、フリーランスをマネージメントするメリットは?


企業は、フリーランスや自営業の契約社員が適切に分類し、適切な給与が支払われていることを確認するために、AOR&コンプライアンス・プロバイダーを活用することをお勧めします。 国際的なスケールで対応が可能なAORプロバイダーは、場所を問わず、企業がフリーランスと迅速かつシームレスな雇用契約を締結し、世界中で活躍するフィールドを整えることを支援いたします。

 

 

 

 業務委託契約者 / フリーランス(IC)の定義とは? 従業員との違いは?

フリーランス(IC)は自営業者として雇用することになります。 クライアントへの請求書発行、税金の支払い、雇用する国のコンプライアンス要件を満たすための契約書の締結や雇用登録などを行います。

従業員とは異なり、ICは、彼らが仕事を行う企業の福利厚生、特典、保護を受ける資格はありません。 ほとんどの国では、従業員は時間外労働、有給休暇、退職金制度、失業休暇、障害者休暇を受ける資格があり、働いたすべての時間に対して賃金が支払われるよう法律で保護されている。 ICは伝統的に、労働時間ではなく、労働やサービスの成果に基づいて賃金が支払われる。

企業がフリーランスを雇用する際に直面する可能性のあるリスクとは、どのようなものがあるのでしょうか?

企業が考慮すべきリスクはいくつかあります:

  • 企業がフリーランスを従業員であるかのように扱うと、フリーランスが遡及的に従業員に再分類される危険性がある。 これは従業員の誤分類として知られ、”賃金の窃盗 “や “偽装請負 “といった言葉もあります。
  • 雇用主はフリーランスの仕事を実質的に管理することができ、必要に応じて仕事を割り当て、その仕事のやり方や場所を指示し、仕事を行う時間帯を定め、給料をいくら支払うかを決め、仕事のやり方に関する規則やパラメータ、指示を与えることができます。
  • 外部雇用の場合、これらの要素の多くは相互に合意することができるが、ICは彼らの仕事ぶりをコントロールしなければならない。
  • 多くの国では、誤分類された労働者は、適切に分類されていれば受給資格があったはずの手当を不服として訴えることができる。 このようなクレームや訴訟が起きている。 残念なことに、数百万ドルの和解金や不正分類労働者をめぐる訴訟の影響を受けたフォーチュン500社の多くにとって、残念な見出しとなった。

業務委託契約代行サービス(AOR)を活用することで、これらのリスクをどのように軽減できるのでしょうか
フリーランスを雇用する際に適切な評価が行われるようにすることが、コンプライアンスを推進し、後々のトラブルを防ぐことになります。 責任あるAORプロバイダーは、自営業者の分類を裏付ける監査ファイルを提供し、クライアントの補償と保護を保証します。さらに、AORプロバイダーは、ビジネスを行っている国の現地の要件に精通しており、関係、契約、現地の税務要件がすべて確立され、遵守されていることを保証します。

GoGlobalの業務委託契約代行サービスとは? GoGlobalはどのようなサービスを提供していますか?

GoGlobalは、フリーランス(IC)の適切な分類を確実にするための包括的なコンプライアンス評価を提供し、企業が法的および規制上の要件を遵守しながら、十分な情報に基づいた意思決定を行えるよう支援いたします。 コンプライアンス評価に加え、AOR(Agency of Record)サービスも提供しています。 つまり、ICとの契約、雇用、支払いをタイムリーに行えるよう企業を支援いたします。

完全に準拠していない労働者に対しては、GoGlobalは、クライアントマネージャーまたはICのいずれかと相談しながら、問題を改善するためのフィードバックを提供します。

ICステータスが推奨されず、容易に修正できない場合、GoGlobalは当社の補完的なEORソリューションを通じて協力関係を継続するためのシームレスなソリューションを提供いたします。 これにより、企業はより適したソリューションを通じて関係を継続することができる。

GoGlobalの業務委託契約代行サービスを通じてフリーランスを雇用するプロセスについて教えてください。 重要なステップとは?

まず、適切な評価を行う必要があります。 当社のコンプライアンス専門家が、クライアントマネージャーとICまたは労働者候補から情報を収集することで構成されます。 両当事者は提案された協力関係に関するアンケートに回答し、 労働者は入手可能なビジネス文書のコピーを提出するよう求められます。

両当事者が情報を提供した後、GoGlobalは適用される政府要件を検討し、勧告を通じて調査結果を共有いたします。 この勧告は、”Qualified IC “または “IC Status Not Supported “のいずれかとなります。 適切な場合、GoGlobalはクライアントと協議し、”認定IC “という望ましい結果をもたらすお手伝いをいたします。

評価後、GoGlobalは適格ICとの契約を最終決定し、お客様の要求に応じて入社手続きを行います。 完了後、ICはプロジェクトへの業務を開始することができる。

最後に、GoGlobalは請求書と支払いのプロセスを促進することにより、資格のあるフリーランスをサポートします。 熟練したフリーランス契約者は、サービス契約で合意された通り、請求書をGoGlobalに送ります。 クライアントの承認を得て、GoGlobalは承認された請求書に対する支払いをICに送金する。

GoGlobalの業務委託契約代行サービスが他のプロバイダーと異なる点は何ですか?

グローバルAORニーズにワンストップでお応えします。 世界75カ国でサービスを提供し、今後もさらに多くのサービスを提供する予定であり、これは包括的なICソリューションの提供である。

当社のICソリューションの専門家は、各国の監査基準に応じてクライアントを指導し、フォーチュン500に名を連ねる多くの企業の立ち上げ段階から成熟したソリューションまでサポートしてきた業界屈指のエキスパートです。

AORとEORサービスを組み合わせることで、より包括的なソリューションとなり、企業の機動性を高めることができます。 EORを導入したのと同じ理由で、EORを補完するAORソリューションを求めているはずです。

GoGlobal 業務委託契約代行サービスの詳細をご覧になるか、または当社のお問い合わせまでご連絡ください。当社のサービスにより、貴社の人材戦略を保護し、ICを迅速、コンプライアンス、コスト効率よく採用することができます。