グローバル人事の疑問に答えてくれるAI搭載の新チャットボット ChatGoGlobal をご紹介します. ぜひお試しください!

韓国企業、定年延長の新提案を懸念

韓国企業は、政府が法定定年を60歳から65歳に延長した場合、企業への負担を懸念している。 定年は2017年に58歳から60歳に変更されたことがあります。

高まる高年齢労働者のニーズ

現在、韓国では超少子化の中で人口が減少しているため、高齢者のニーズが高まっている。 経済協力開発機構(OECD)の統計によると、韓国は先進国の中で高齢者の貧困率が最も高く、65歳以上の韓国人の40%以上が貧困とみられている。 65歳以上の高齢者は、現在の15%弱から、2067年にはほぼ半数を占めると予測されています。

韓国の財界人が注意を呼びかけ

経済界は、定年退職年齢の引き上げは、人件費の増加、労使間の対立、若者の雇用喪失を招くと懸念している。 また、経済界は、政府が高齢者向けの社会福祉政策や職業再訓練を実施すべきであると考えています。 若い労働者はすでにデジタルエコノミーのスキルを持っているので、多くの高齢者はそのスキルを得るために再教育を必要とする。

韓国の若者の失業は問題だ

韓国企業は、定年延長は若者の失業を妨げ、変化する経済の中で雇用機会をめぐる世代間対立を悪化させる可能性があるものと見ている。 韓国統計庁がまとめたデータによると、現在、韓国の若年層の失業率は15歳から29歳までで7.2%となっています。 専門家の中には、定年退職年齢の引き上げは韓国の経済競争力を低下させ、すでに大企業で働く高齢者とこれからキャリアを積もうとする若い労働者の間の格差を拡大させると指摘する人もいる。

外国企業は韓国市場参入または拡大のための事前計画を立てるべき

韓国の定年退職年齢に関する最近の改正案と新たに提案された改正案は、韓国における雇用規制環境の急速な変化を反映している。 これから参入される方は、GoGlobalのような雇用のリスク管理を代行できるアジアに特化した会社を利用する方法も検討されてはいかがでしょうか。